カテゴリー「00 バイク トライアンフ StreetTripleR」の8件の記事

2015年5月10日 (日)

Street Triple R メーターバイザー大型化

 来週に決行予定の2泊3日ロングツーリングにむけてメーターバイザーを大型化しました。

当初はここに書いてあるとおり、ビューエルのカウルを転用しようとしていたのですが、なかなか工作がめんどくさい事になりそうなのとヘッドライトがカウルからはみ出ててやっぱりまとまりがないのでヤメにしました。
 とはいえ、元々のメーターバイザーだけだとやっぱりちょっと小さすぎるというわけでいろいろとネットで調べていたらイギリスのスクリーンでPowerBronzeという会社のものが見つかりました。
Street Triple Rの14年式に合う奴はこちら
形式は430-U148-002です。
最初にイギリスのサイトで見つけたので、個人輸入しようかと思ったのですが、日本で代理店を探すとオダックスというところが代理店のようで在庫も有りそうなので発注しました。
値段的にもまあ個人輸入したらかかる輸送料を考えたらまあまあリーズナブルだし・・・
取付はこんな感じになりました。

Simg_4012

クランプは、両面テープでスクリーンを留めるところがありまして、そこの接着のためクランプで押さえているだけです。 今度走る時には外します。
組み立て精度はまあまあかな。
同梱のボルトが安っちいです。
近いうちにSUSのボルトに交換しますけどね。
あと上にも書きましたが、両面テープ施工があるのでそこが残念です。
肝心のウインドプロテクション効果は今度のツーリングで評価することにします。
とりあえず以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

Street Triple R 電源取り出し

 いやあ、最近のロングツーリングにはスマホが欠かせないですよね。 Bluetoothで音楽聞けるし、ナビは動くし、メシ屋を探すのも簡単・・となるとスマホをバイクで充電したいのですが、ツーリングモデルではないストリートトリプル(以下ストトリ)にはシガーソケットとかUSB端子とかは付いてないのです。

 よって前のビューエルで付けてたUSB電源端子を移植することにしました。
モノはこれ (ビューエルでの取付記はこちら

Kj304622

そしてストトリの回路図はこんな感じ

Photo

よーく回路図を見た結果、電源の取り出しは手っ取り早くポジション電球の配線に割り込んで(黄色(Y)と黒(B)やることにしました。 キーと連動するしね。
(今回使うバイクのUSB電源ソケットはバッテリー直(いわゆるバッ直)はダメです。
作動時に青色LEDが光るようになっているのでバッ直やるとバッテリーが上がります。)

ポジションだとヘッドライトのケースから取り出せるので配線も短くて済むしね・・・

でヘッドライトを開けて、電源の割り込みです。 

S221

ちゃんとギボシ端子とY型配線を使って別けてやりました。 挟み込んで電源分岐するやつでもいいんだけどなんか信用おけないので・・・

挟み込んで電源分岐する奴って ↓ これね  経年劣化すると口が開いちゃうんだよねえ・・・

M_037

あとは配線を上手く片付けてヘッドライトの配線とともにヘッドライトケースの外に出し、USBソケットを使い勝手の良いところに取り付けるだけです。

ハンドルに取り付けようかとも思ったのですが、ごちゃごちゃするのでメーターケース脇に強力両面テープで取付ました。

S223

角度を変えて

S226

写真で見ると意外にゴツイですなあ。

これで電源もバッチリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

Street Triple R 外装コーティング

 前回、ビューエルを買った時に、やっておいて良かったなあというのが外装ボディのコーティングです。

 と言ってもビューエルの時はそれほどスゴイコーティングをしたわけではなく、良くあるブリスというコーティング材を洗車後に使用していただけなんですけど、それでもバイクに付き物の虫の死骸だとかちょっとした油汚れはこびり付くことなくサッと取れるしなんとなく「艶」も出たりして非常にイイ感じでした。

Bliss80

ブリスのHPはこちら
 今回もブリスを使おうかと思って居たのですが、ちょうど使い切ってしまったので新しいコーティング材を採用することにしました。
 でも今回のStreet Triple Rの外装はマッド(つや消し)なんですよね。 コーティングして大丈夫か・・・という不安もあったのですが Street Triple Rの購入店の店長に確認したところワコーズのバリアスコートであれば大丈夫という事だったのです。 でも単に私の趣味というかわがままなのですが、WAKOSがあんまり好きではないのとバリアスコートの臭いがイヤなんですよ・・・
 472120131225112354
でもバリアスコートで大丈夫ならどこのコーティング材でも大丈夫じゃないのかあ~
と考えて、よさげなモノをネットで物色すること1時間 これにしてみました。

Simg_3851

ピカピカレイン2のHP

ほんでもって施工して見ましたが、スポンジに付けて塗り延ばすタイプなのでタンクとかフェンダー、ホイールへの施工は比較的やりやすいです。 ムラになったりもしにくいと思います。ただし細かいところへの施工には不向きですね。エンジン廻りとかはスポンジも入りにくいし吹きムラができちゃうと思います。

 それと懸念してたマッド塗装がツヤツヤのピカピカになってしまうんじゃないかという点もほとんど気にならないレベルでの艶の出方で私としては全然問題無いレベルです。

 あとは耐久性とリアホイール廻りのチェーンオイルの飛び散りに対する強度がどれくらいか・・というところが気になりますね。 その辺は追々報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

早速、カスタム案  カウル(大きめのメーターバイザー)取付 

 ここのところずっと天気が悪く寒い関東地方ですが、今朝は晴れていました。
でも私は起床に失敗しバイクには乗れなかった・・・トホホ _| ̄|○

そこでStreet Triple Rを買ってからずっと気になってるフロント廻りのドレスアップ(というか実用上も欲しい)を考えてみました。
っていっても大それたことではなく、ビューエルの時のフロントメーターバイザーが手元にあったのであててみただけなんですけど。

Simg_3852

Simg_3853

意外にイケてるって思いませんか? (グリーンの養生テープで仮止めしてるのがちょっと見えちゃってますけど・・・)
ちょっとステーの取り回しを考えなきゃならないので来週あたり型紙でも作ってみようかと思ってます。
何しろ5月の職場のバイク仲間のツーリングに間に合わせたいんですよね。うまく粋そうだったらGW中にステーを追加工して取り付けてみようかと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

いつもの房総半島でのインプレション

いつもの慣れた道を走っての最初のインプレッションです。

Sno

こういうのって、慣れちゃうと印象が薄くなっちゃうからね・・・
インパクトあった順で・・・
1.軽い!
 実際に軽いんだけど、400ccぐらいの感じがしちゃいます。 ラクです。
2.重心高い!(ビューエル比)
 ビューエルと比べると重心位置が高い感じがしますね。 倒し込みが軽いと感じでどっしりはしてないです。
3.ブレーキ良く効く!
 軽いのと相まってブレーキの効きが良いです。 それにNISSINのマスターシリンダーとラジアルマウントのキャリパーは非常にタッチが良くコントローラブルな感じがします。
4.極低速トルク無い!(ビューエル比)
 排気量が小さいし、ハーレーベースのエンジンと比べちゃいけないんですけど、アイドリングちょっと上の回転域のトルクは薄いです。
 
5.フレームシッカリ!
 フレームというか車体廻りがサスも含めてしっかりしてますね。 慣らしで走るってる速度域だし、セッティングもしてないのでまだまだポテンシャルは判りませんけど・・・
6.燃料計付いてる!
 生まれて初めてなんです! 燃料計のついたバイク。 
だって凄いんです。燃料が減ると少しずつパネルの表示が減っていくんです。私もうビックリしちゃって。(← 宇野鴻一郎文体で書いてみました。 宇野鴻一郎先生を知らない人は各自でググってくださいね)
といったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

というわけで・・・・3 最終回

久しぶりです。 仕事がやっと落ち着きました。

しかし今日は雨です。 バイクに乗れません。 というわけで続き・・・・
前回、3つに絞って生き残った候補は下記
トライアンフ Street Triple R

131209_street_triple_r_2

カワサキ Z800

Z800_gr1600

KTM 690 DUKE R

1001716

ここからいきなり決勝戦です。

3台でもっとも違うのはエンジン形式です。

StreetTripleは3気筒 カワサキは4気筒、そしてKTMは単気筒。 日本人としてはジャパニーズバイクの定型フォーマットである4気筒を選ばなければいけないのですが、やっぱりトルク感というかエンジンの存在感が希薄なんですよね。
それに、4気筒は私の原付以外のファーストバイクで大学の時に乗っちゃってるしなあ(ここ参照)  

そういう意味では単気筒もSRXで乗っちゃってまして・・・(未だにSRXは欲しいのですが・・・もうちょっと大人になったらね)

それに比べて、Triumphの3気筒は今まで乗ったことがないし、試乗したところ3000rpmあたりの比較的低速域でも比較的「ゴリゴリ」としたトルクフルな感じで2気筒とかそんな感じも醸し出しつつ、7000rpmぐらいから上では、4気筒のように「カーン!」と廻りきるという2面性を持ったところが非常に好きになり、さらにこの3気筒にのれば、普通に売っているバイクで単気筒、2気筒、3気筒、4気筒の4種類の気筒数をクリアできるというのも少しだけ私の背中を押してます。

※トリンプではないよ。トライアンフと読みます。 (実は篠原涼子のトリンプもキライではないけど・・・・(爆))  ちなみにTriumphとは「勝利とか凱旋の意味で、なぜ女性アンダーウエアの会社名に使われているのだろう? 勝利の印なのか・・・ 

ホントはデザインからカワサキZ800が最有力候補だったんですけどねえ。 あまりの重さと、エンジンの味の無さに試乗した途端、候補から脱落してしまいました。 KTMは落ち着きがないというか、全体的にデザインのディティールや乗り味も含めて少し安っぽいし・・・・

ということでウイナーは勝利というその名の通り、

Triumph Street Triple R 

Strstatic005


となったのでした。

色はも含めて上の写真と全くいっしょのモデルです。 ちょうど、中古の出物もあったのでね・・・ それなりに安く買えたし

そうそうブログの名前も変えちゃいましたよん。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

というわけで・・・・2

ちょっと時間が出来たので続きを書く

下記の5台は全て試乗をしたのでそのときの印象というか一言インプレッション
1.トライアンフ Street Triple R

131209_street_triple_r_2

軽い。 中低回転でもエンジンの回り方が感じ良し。 フェイスが特異なデザイン。 好きかどうかで言われると
好きではないけど、以前のストトリの丸目に灯よりは変な感じは無くなったかも
足つき: 両足で親指の付けねが付くぐらい
2.カワサキ Z800

Z800_gr1600

見た目はカッコいい!! 重い 意外に走らない。 エンジンにパワー感無し 
足つき: 両足で足の親指の付け根 

3.スズキ GSR750

Wp02_1024_768

スズ菌!! でもまあまあ格好いいよ。 所々安っちい作り エンジンは4気筒のエンジンって感じ

足つき: 両足で全ての足指の付け根がしっかり付く 不安感無し

4.ヤマハ MT-09

Color04_001zoom

パワフル!! でもエンジンになんだか味がないのよねえ・・・
あとどうもデザインが気に食わないのと、よく売れているので街中に多すぎる。

足つき:両足で親指の付け根 

5.KTM 690 DUKE R

1001716

単気筒だけど、現代のエンジンでクランクマスが小さくてヒュンヒュン廻る。 見た目の質感は安っぽい。
ストファイ風だけどやっぱりオフロード車の感じがある。

足つき:両足で足先 

といった感じですね。

でこの決勝トーナメント一回戦で脱落したのは・・・・

MT-09とGSR-750であります。

MT-09は良い単車だと思うのですが、サスがプアーだという情報が多いのとデザインと余りにあちこちで見るので、ちょっとパス
GSR-750はブレーキの食い付きが悪いような気がするのと、安っちいところが散見されるのでパス。

要はサスもブレーキもリプレイスすると費用が大きくなっちゃうからダメなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

というわけで・・・・

今日は休みが取れたので久しぶりにブログ更新!
今回は衝撃発表!!!

5年間乗ったビューエルXB9SXを売って新しいのに乗り換えることにしたのだ。

葛藤が無かった訳ではないけど・・・・
 新しいバイクはエンジン形式にはこだわらず、600~800ccぐらいのいわゆるミドルクラスで尚かつネイキッドもしくはストリートファイター系のバイクから選ぶことにしました。
 4気筒も、もう30年ぐらい乗ってないのでそろそろ乗ってみても良いかなあなんで思ってですね。

いうことでいろいろ考えたけど乗換候補は下記の5台
1.トライアンフ Street Triple R

131209_street_triple_r_2

2.カワサキ Z800

Z800_gr1600

3.スズキ GSR750

Wp02_1024_768

4.ヤマハ MT-09

Color04_001zoom

5.KTM 690 DUKE R

1001716

それで、こないだまで騒いでいたMT-09 TRACERはどうしたかって・・・・

実は試乗してみたんだけど 

1.足つきが厳しい・・(トホホ)
2.やっぱりカウル付きは性に合わない

の2点であっさり候補から落選です。

というわけで、これらの5台にさらに、今乗ってるビューエルXB9SXのスペックを載せて比較表を作ってみました。「hikaku.pdf」をダウンロード

あとKTMのDUKEが無印690 DUKEではなく690 DUKE Rなの?なんて疑問もあるかも知れませんが、無印DUKEとDUKE Rだったら私は”R”を買うのでその辺はそのように取ってください。 (Street TripleもStreet Triple RとStreet Triple 85の二つがあるのですが、これも買うとしたら"85"は無いなあ・・・ということで候補になってません)

比較表には若干、ヌケとか間違いがあるかもしれませんけどね・・・ご容赦ください。

続きは次回(って結構、先になりそうですけど)

| | コメント (2) | トラックバック (0)