« TRX ノーマルキャブの加速ポンプ | トップページ | SRXのサスをリプレイス »

2007年4月 9日 (月)

TRX ノーマルキャブの加速ポンプ その2

写真を撮りました 写真をクリックすれば大きくなります。

3枚有りますが、まずは加速ポンプ用リンク付きの状態(ノーマル)Photo





次は外した状態です。  Photo_1



最後の一枚が加速ポンプ本体です。
(黒いゴム蛇腹ブーツが付いているパーツ)Photo_2





レクチャー って程でも無いけど

 加速ポンプの機構自体は単純で
スロットルを開けるとリンクが動いて
蛇腹の付いた棒が押され、中に入ってるガソリン液を
「ピュッツ」と吹き出す仕組みです。
(注射器を思い出していただければ判りやすい。)

コレが結構良く出来てて、スロットルを一気に開けると
この黒蛇腹のピストンが速く動いてより短時間に
ガソリン液を「ドピュッ」と噴出し、ゆっくり開ければピストンがゆっくり動いて
「だらだらだら~」とキャブ内に注入されてあまり加速ポンプの効果が出ないように
なっています。(←ちょっといやらしい。文書だな 我ながら・・・)

 

なんでこんな事をするかと言うと普通にゆっくりスロットルを開けてるときは、
キャブ内の空気流速もそれほど急激に落ちないので、通常の流路でガソリン量は
問題なく間に合うので、加速ポンプでアシストする必要があまりなく、「だらだら」っと
流せば良いし、
一気にスロットルを開けたときは、キャブ内の空気流速が落ちて
エンジンが要求するガソリン量に対しキャブの普通の流路だけでは足らなくなるので、
加速ポンプでそれなりの量を「ドピュっ」と吹いてあげる事が必要だという訳です。

作業手順

作業自体は1枚目の写真に写ってるナットをゆるめてリンクごと取り外すだけです。

普通のスパナやメガネだと入らないので
ソケットレンチとエクステンションバーが必要となります。

 加速ポンプ自体(黒い蛇腹の部分)はキャブに付いているもので
そのまま残しておけばOKです。

その後の感想

 この週末に60kmほど走りましたが
加速ポンプが無いせいで、やっぱり極低回転でアクセスをラフに開けると
ストール(エンジン停止)する事が有りますね。
ちょっと気を使えば良いので個人的にはあまり特に問題ないけど
4気筒から2気筒のTRXに初めて乗り換える人とか免許取り立ての人は
ちょっと気になるかもしれないです。
ただでも低回転はマルチと比べると乗りにくいからね

最後に

本日のオドメータ
Sany0098_1

|

« TRX ノーマルキャブの加速ポンプ | トップページ | SRXのサスをリプレイス »

08 バイク YAMAHA TRX SRX DUCTI S4R」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/14621897

この記事へのトラックバック一覧です: TRX ノーマルキャブの加速ポンプ その2:

« TRX ノーマルキャブの加速ポンプ | トップページ | SRXのサスをリプレイス »