« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月28日 (火)

プジョー307 66666㎞ 

私のPEUGEOT307styleブレークが2009年4月24日 購入後約6.5年で走行距離が66,666㎞に達しました。
Nec_0105
購入後のコンピューターがイカれたトラブル(重大トラブルだけど)以外は特になんのトラブルもなく元気にフランスの猫足車は走り続けています。(メンテを結構ちゃんとやってるせいもあるけど・・)

今年の秋は7年目の車検であります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月26日 (日)

草薙くん

まあ、叩かれすぎだよね・・・

笑福亭鶴瓶
井出らっきょ
江頭2:50
・・・
と愛すべき(?)裸芸人は、いっぱいいるのに・・・草薙くんは逮捕、拘留、家宅捜索と非常に厳しい対応を受けてる。  ハッキリいって鶴瓶氏が夜中の全国ネットでやったことの方が公然わいせつとしてはひどいとおもうのだが・・・

まあ、夜中に裸で放歌している男がいたら普通の住民は恐いので通報するのは当たり前であり、警察が保護をするのはしょうがないけど、逮捕までしなくても良いような気がする。どうなんだろ?(とか書くと「日本は酔っぱらいに甘い」といわれそうだが、別にすべてをアングロサクソン標準に合わせなくてもいいだろうと言い返したい。)

 予断を持った警察の逮捕と家宅捜索、マスコミの報道もあらかじめもっと重罪が出てくると思って報道していたと言わざるを得んかな・・・
マスコミ連中もやっぱり、警察の動きを見てドラッグ関係だとおもったのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月25日 (土)

VWのガソリンエンジン

最近のフォルクスワーゲン車のガソリンエンジンに非常に興味があります。

彼らは最近、排気量を落として、過給して、膨張比を大きくした通常の車格に対して一回り小さいエンジンで必要十分なパワーを絞り出し燃費を良くするという方向のエンジン作りをやっているようです。 (GOLFのエンジンが1400ccですからね)

ほかにも狭角V型エンジンとかのトリッキーというか、日本人はともかくアメリカ人なら絶対設計さえしなさそうないかにもドイツっぽいエンジンもありますが・・・

これってなんだかエンジニア心をくすぐりますよね。ラテン系のマシンが好きとはいえ、理詰めで精緻な機械というのには純粋に機械としてあこがれます。

今乗ってる、プジョーちゃんは一番排気量が小さい1600ccなのでパワー感がないのはともかく、以外に燃費がのびない(逆に極端に悪化もしない)のとエンジンの回り方がちょっとガサツな感じなのが玉に瑕であります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月22日 (水)

いちおう走ってはいるのだ

久しぶりに、近所のいつものコースのいつもの駅で・・・パチリ
Ss_img_0606

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

近況報告

最近、公私共々忙しくちょっとブログの更新が滞っております。

先々週からのトピックス

1.桜島噴火日に鹿児島出張 4/8
 正確に言うと、噴火した日の夜に鹿児島に到着したのですが、市内、鹿児島中央駅周辺の火山灰すごかったです。 ほんの300mほど歩いただけですが、靴が真っ白に・・・・

2.九州新幹線乗車 4/9
翌日、午後より鹿児島から下関に向かうため九州新幹線に乗車したのだ。 なんというかJR九州の列車は、在来線も含め非常にモダンなデザインでイイ感じですよね・・・それと比べてJR東日本の味気ないこと・・・

3.下関で夜まで打合せを行い、ふぐをちょっと喰らい、小倉に泊まり、翌日、4/10 松本清張記念館で前から観たかった、「日本の黒い霧」のドキュメンタリー映画を90分ほど堪能した。
松本清張の戦後の謀略史観はもし本当でないとしてもそれなりに面白いです。 松本清張記念館に行かれるなら時間を多めに取ってこの映画を観られることをお奨めします。

4.4/11土曜日 高校時代の大阪ディープサウスの仲間と酒を飲む。

 いやあ、オッサンとオバチャンの集まりやったが結構面白かった。 また2年後に再会することに決定。

5.4/12日曜日
ちょっと死にそうに成りながら東京へ東下り

以上でした。 てなわけで、バイクの話はまた今度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

出張先で見つけた食べ物

先週の半ば、北海道/苫小牧に2,3日出張していたのですが、地元の人に聞いた苫小牧らしいラーメンということで、味の大王 総本店へ行って参りました。
 ここの名物はカレーラーメンであり、一応、北海道ではこの店がカレーラーメンの発祥の地ということになっているそうだ。(By wiki)
 というわけで、早速注文して見た。
 カレー+麺の欠点であるルーの飛びはねに対する対策として、前掛けが出てくるので、白いブラウスを着たOLさんでも一応安心である。 (一応というのは、「前掛け」だと肩から下いわゆる「袖」の部分が全くノーガードなのだ)

 待つこと7分ぐらいかな・・誰がどう見ても「カレーラーメン」というであろうカレーラーメンが出てきました。 早速スープを軽くすすります。 
第一印象は 「熱い」
 同じ北海道のスープカレーと違い、「お袋の味系」のどろっとしたカレーなんで、不用意に啜ると熱いのです。(おかげで口の上側がべろべろになった)
 で味の第一印象は、これもまた「確かにカレーラーメンだな」というだけで、それほど、予想外の味ではなく、麺は北海道の黄色いかんすいの効いたちょっと太めの麺でごく普通だし、正直「うーーん 普通じゃん」て感じでした。あんまり辛く感じないし・・・

 でも食べ続けていると大量に入っていると思われるスパイス(胡椒系)がじわじわと効いてきておでこやら、顔やらの汗腺が急に働きだしてきたのです。 麺は普通なのですが、このカレー+スープはハッキリ言って旨かったです。

 カレー系食べ物にありがちな後を引くような中毒性があり、スープを飲む手が止まりません。
やっとスープを飲み終わって汗だくになって店を出ると、外は爽やかな北海道の空気です。
もしかすると、店のねらいはこの北海道の空気かあ とも思ってしまいました。
点数つけるとしたら75点かな
もし北海道に出張で空港からレンタカーで室蘭方面に行くようでしたら、一回寄ってみてください。R36沿いです。(電車とかバスとかタクシーとかトナカイではちょっと行くのは大変です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

鴨川ホルモー

鴨川ホルモーって小説、実はハードカバー(鴨川ホルモー) で出たときから題名が非常に気になっていたのだが、基本的に専門書以外はハードカバーを買わない主義なので、すっかりそんな本があることを忘れていたのだが、先日出張のおり、本屋に寄ったら文庫版(鴨川ホルモー ) が出ていたので、どんな話か知らずに買って読んでみた。

 書評ブログでは無いので、詳しくコメントはしませんが、まあまあ文庫本の値段なら楽しめる青春娯楽小説です。 というか前半ちょっとかったるいけど、通勤電車で読むにはちょうどいいかな。
「ホルモー」の秘密は読めば判ります。 映画化もするらしいが、レイトショーで1000円で時間があれば見ても良いかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

リハビリ

 4/4(土曜日)午前中、関東地方はなんとか、いい天気だったので、千葉県在住の会社のメンバー2人と計3台で午前中軽く房総半島を走ってきました。

 久しぶりに本格的ライディングをしたのだが、ピレリドラゴンスーパーコルサプロの暖まり方が鈍いのか、オレの乗り方がおかしくなったのかリヤがスライド気味でちょっとビビリ入っちゃいました。(あと千葉南部はそろそろ田植えなので、道に農業機械が泥をいっぱい落として滑るというのもあるけどね)

 マザー牧場の近くも走ったのですが、例の高速1000円の影響か、クルマが非常に多かったです。
クルマが多くても、きっちりマナーを守って走ってくれれば良いのですが、サンデードライバーとおぼしきお父さんやらお母さんは山道で平気で、ジュース片手で笑いながらセンターラインを大きく割ってくるので、バイクで対向車線を走っていると非常に恐いです。

 あの右コーナーのセンターライン跨り走行法はどうにかならないものかなあ・・・クルマに乗っている人の気持ちはわかるけど、あそこまでセンターラインを割る人が多いのは何かおかしいと思う。

追伸

パワコマはなんだか調子が悪く、はずしております。 うーん電気ものをヤフオクで買うのはリスクが高いのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »