« モンスターS4R バッテリー | トップページ | ブログの題名からSRXの文字を消しました。 »

2009年6月14日 (日)

モンスターS4R レギュレーター調査 4

新レギュレーターの放熱対策を考える為に、新品をちょっと車体から外して見ました。

まずは、新レギュレーターと旧レギュレーターの違い調査ということで、

レギュレーターの裏側なんですが

Img_0664
↑事故品です。 裏側にフィンが無いですね。

次に新規に交換したもの
Img_0677
裏側にフィンが有りますし樹脂モールドの面積が明らかに小さいです。

放熱対策ですが、ざくっと検討したのですが風当たりの良い部分への移設はなかなか難しそうです。 今考えているのはレギュレーターの下にレギュレーターの底面積より大きいアルミ板を一枚はさんで、少しでも放熱面積を取ってやろう作戦です。 電動ファン式も良いのですが、レギュレーターにわざわざ電動ファンもちょっと・・・っていう感じもするし・・・
 ともかく、一度現状のまま走ってレギュレーターの表面温度を確かめ、それからアルミ板なりをはさんで効果のほどを確かめたいと思っております。(梅雨時期なんでいつまでに出来るかは?ですが)
なお、私め、さすがに隔測の表面温度計はもっておりませんので、温度はあくまでも触感による報告になるかと思います。(アルコール棒状温度計を走行直後に当てるという手もあるけど)

|

« モンスターS4R バッテリー | トップページ | ブログの題名からSRXの文字を消しました。 »

08 バイク YAMAHA TRX SRX DUCTI S4R」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
調査3でコメントした者です。
私のS4Rは、2007年式MONSTER S4Rテスタストレッタです。購入時からレギュレーターの高温発熱に悩んでいました。レギュレーターは、殆ど風通しの良いところに設定してあるのにS4R(他車は、判りませんが)は、シート下なんだろう?と首を傾げてしまいました。
この高温発熱でシート下に設定してあるETC機器内のETCカードが変形して抜けなくなりました。
そんなわけで先日、レギュレーターをシート下から反対側の所(タイヤハウス?側)に移動しました。ここに移動してくれと言わんばかりに収まりも良く、ケーブルの溝まで有りました。梅雨時期で、走行テストしていませんが、シート下より空気の流れが有ると思うのでかなり温度が下がると思います。
ちなみにシート下の時は、1時間ほど走行後の温度は、110度でした。
移設後の温度計測しましたらまたコメント致します。
でわ。(^^)/

投稿: MK | 2009年6月15日 (月) 09:45

MKさん こんにちわ 
弊ブログを読んでいただき再びのコメントと貴重な情報ありがとうございます。 
あのレギュレーター110℃にもなるんですか・・・熱いハズです。
 私もモンスターのレギュレーターがシート下にあるのは明らかに設計ミスだと思います。
 タイヤハウス側に移すのも軽く考えたのですが・・・あまり時間が無かったもので深く検討しませんでした。今度の休みにもう一度良く考えてみようと思います。 

投稿: yamaton | 2009年6月15日 (月) 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/45329875

この記事へのトラックバック一覧です: モンスターS4R レギュレーター調査 4:

« モンスターS4R バッテリー | トップページ | ブログの題名からSRXの文字を消しました。 »