« ”レン耐への道” Let'sレン耐エントリー つくば大会 | トップページ | ガーミンnuvi205W(ハンディナビ)を新幹線に持ち込む »

2009年9月12日 (土)

室蘭焼き鳥

今週は、週の前半は、関西(神戸)後半は北海道へ出張しておりました。

で北海道の話です。
最近、県民ショー的な番組で良く紹介されるようになった「室蘭のやきとり」という名の豚の串焼き食べてきました。 まあ泊まってるホテルのそばにあった店にいったのですが、行った店は鳥よしです。
 

老夫婦(といっては失礼か・・)でやってる昔ながらというか昭和の香りをぷんぷんさせた店です。実際に店主と飲みながら話をしたところ最後の改装は昭和53年とか55年とか言ってたので当然、店は昭和の雰囲気になりますわな・・・
 店は戦前(昭和12年)創業だそうで、店主は2代目とのこと。 (店主は俺の代で店閉めるっていってましたけど)

 焼き鳥を焼く装置は「炭火」でそこで何でも焼いてくれます。 鯨のやまと煮の缶詰も暖めてくれたし、私は日本酒は燗を付けるのがすきなので、頼んだら炭火のグリルで暖めてくれました。

 肉の間にタマネギが挟まった室蘭の串で、旨かったす。
ただ、鳥よしさんにはあまりメニューが無い(串もの+冷や奴+缶詰ぐらい)のでがっつり食べたいときはバリエーションに乏しいだけにちょっとつらいかも・・・
オレぐらいの歳になると、晩飯代わりにちょうど良いけどね

店主との会話も楽しかったです。 
今回は会社の人間と一緒だったんで、次は一人で「黙って」高倉健風に飲みたいところです。

|

« ”レン耐への道” Let'sレン耐エントリー つくば大会 | トップページ | ガーミンnuvi205W(ハンディナビ)を新幹線に持ち込む »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/46187920

この記事へのトラックバック一覧です: 室蘭焼き鳥:

« ”レン耐への道” Let'sレン耐エントリー つくば大会 | トップページ | ガーミンnuvi205W(ハンディナビ)を新幹線に持ち込む »