« ”レン耐への道” とうとう明日 | トップページ | ”レン耐への道” 当日 その2 »

2009年9月27日 (日)

”レン耐への道” 当日 その1

Let'sレン耐当日です。 実はさっき帰ってきたところです。

朝3:40起床 近所に住む会社の先輩が車を出してくれることになったので、4:30にピックアップに来てもらいました。

 眠い目をこすりながら車に乗って、筑波サーキットへ向かいます。
到着は6:30 ゲートオープンにちょうど着きました。

早速、受付を済ませて、すでに並べてあるマシンを見ると・・・・・
割り当てられたマシンはなんとApe50ではないですか!!

まずい!
俺たちメタボ軍団にとってはきつい割り当てです。
とは言え、この時点ではまあまあ走れるだろうと楽観していたのですが・・・

7時からブリーフィングです。
青木拓磨氏自ら、ブリーフィングを行ってくれます。病気をしていたとかで、久しぶりのレン耐に来ているとおっしゃっておりました。

そしてあれよあれよという間に、8時から練習走行です。
この練習走行も15周以上走らねばならないというルールがあります。

私もコースイン
第一ライダーからマシンを受け取ってピットロードを手押しで駆け抜け出口でApeに跨り、颯爽と・・・
と思ったら、さすが50cc
ちぃ~~~~~とも 前にでません。

タコメータも無いので、何回転だか判らないし、エンジンパワーに盛り上がりがないので、感覚的にも伝わらず、どうやって走ったら良いのかさっぱり判らないまま・・・私の割り当ての4周が過ぎて行きます。


ここまで書きましたが、やっぱり睡眠不足で疲れているので、すみませんが続きは明日以降とします。

しかしながら、明日から仕事が忙しいので、更新は来週になっちゃうかもしれません。
あしからずご了承ください。

|

« ”レン耐への道” とうとう明日 | トップページ | ”レン耐への道” 当日 その2 »

03 レース部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/46327302

この記事へのトラックバック一覧です: ”レン耐への道” 当日 その1:

« ”レン耐への道” とうとう明日 | トップページ | ”レン耐への道” 当日 その2 »