« ”レン耐への道” サインボード制作 その3 | トップページ | ”レン耐への道” サインボード制作 その5 »

2009年9月22日 (火)

”レン耐への道” サインボード制作 その4

セグメントの制作が終わったら・・・

4.ボードへの穴開け

次はボード本体のに穴開け場所を決めていきます。
基本的には文字の穴と穴の間隔は110mmですので、水平、垂直に気を付けながら穴を開けていきます。

文字と文字の間隔は、自分のセンスで並べてください。 そして

5.セグメントのボードへの取付

 穴あけが終わったら、ゴムひもで各セグメントを固定していきます。
ボードの裏面から、ゴムひも通しの道具(下記写真の青い棒(←裁縫箱にあったので正式名称は判りません。))を使ってゴムを通し、さらにセグメントの真ん中の節を通してボードの裏側に戻します。
Img_0994

 そして、一つ一つのセグメントを個別にゴムひもで縛りあげてもいいし、何個かまとめて固定してもいいですけど、とにかく穴からゴムひもが抜けないようにしておきます。
Img_0995

もう形になってきたので試しに各セグメントをひっくり返したりすれば数字が作れますよ。
(ゴムひもが足りなくて制作途中の写真なんですけど・・・) 完成写真はまた後で
Img_0989s

|

« ”レン耐への道” サインボード制作 その3 | トップページ | ”レン耐への道” サインボード制作 その5 »

03 レース部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/46269230

この記事へのトラックバック一覧です: ”レン耐への道” サインボード制作 その4:

« ”レン耐への道” サインボード制作 その3 | トップページ | ”レン耐への道” サインボード制作 その5 »