« レン耐 第2回参戦記 その3 | トップページ | レン耐 第2回参戦記 番外編1 »

2009年11月27日 (金)

レン耐 第2回参戦記 その4

さらにつづき

転倒後は、自分に「バトルは余裕を持って!!」と言い聞かせつつ、スティディに走り、第二ライダーにバイクを譲りました。

パドックに戻ってきたらみんなに情報を伝えねばなりません。
大きな声でメンバーに伝えた言葉は
疲れた!! 30分はきつい! 
秋ヶ瀬と比べたら筑波サーキットのレン耐はツーリングだった!!

の二つです。

この二つは
1.前回は20分交代だったのでそれと比べると格段に交代までの時間が長く感じるというのと
2.コースが狭く短いので明らかにバトルとなってしまったり意図せずダンゴ状態になってしまうことが多く、またブレーキングとギヤチェンジの忙しさが筑波とは格段に違うという
ことを簡単に表した言葉なのですが・・・(まあ、意図は伝わってないでしょう(笑))

 そして、第二、第三ライダーと、お歳のせいか・・(失礼)お二人とも比較的冷静な走りを合計一時間されて、またもや私の番がやってきました。
 筑波と比べるとある意味レースらしいとも言え、なかなか楽しくなってきており、まさか二度転けることも無いだろうと思い、ちょっと走るのが楽しみになっていたので喜び勇んで交代し、コースに復帰したのです。

 2回目の走行は自分がそれなりに人より速く走れるポイントを見極め、メインストレートから第一、第二コーナーが人よりある程度速く走れるとこが判ってきたので、パッシングポイントをそこに決めて、明らかに速い上位クラスには旨く道を譲りつつ、自分と同じぐらいの速さの相手は最終コーナーで間合いを詰めておき、第一、第二コーナーで抜くというパターンを確立することができるようになりました。

 また悪い癖が出てしまいました。 (ちょっと熱くなってしまったのだ) ピットからピットインのサインが出たので最後の一周で、もう一台なんとか抜いてやろうと無理したのがたたり、二コーナーで今度はそれなりにハングオンもしていて、結構スピードが出た状態でフロントタイヤからスリップダウンしてしまいました。
さっきは25年ぶりでしたが、今度は
前にコケてからわずか一時間後であります。
これではMOTOGPのホルヘ・ロレンソと同じです。(全然違うけど)

コースの外側でエンジンを再起動して(今回はすぐに掛かった)ちょうどピットインだったのでピットに入り、罰金5000円を払い、第二ライダーにAPEを渡して、私の2009年レース参戦は終わったのでした。

肝心の順位は前回同様、下から数えた方が、圧倒的に早い順位でした。
転倒が無ければあと3つか4つぐらいは上に行けたと思うので、今回の順位の責任はかなりの部分、私の責任と言わざるを得ませんね・・・・トホホ

 秋の日はつるべ落としということで表彰式の頃にはすっかり日も暮れて、暗い中順位発表がありましたが、表彰台とかに上がっている人を見たり順位とかタイムを見ていると、悔しくなってきて、来年暖かくなったらリベンジすると誓う神無月の夜でした。

 2010年は正月に筑波で「正月レン耐」をやるらしいが、筑波の冬は寒いので不参加予定です。 冬に寒い筑波で走るほど復讐心はない・・・私は根性無し草食系ですので・・・ホントなのか )





|

« レン耐 第2回参戦記 その3 | トップページ | レン耐 第2回参戦記 番外編1 »

03 レース部」カテゴリの記事

コメント

いろいろ悔しい思いはしたけれど、ケガがないのが家族にとっては1番のおみやげです。とタマにはまともなことを言ってみるテスト。

投稿: citron | 2009年11月28日 (土) 07:24

今日、UPしましたが、実はちょっとケガしたのです。 まあ大したことはないですが・・・

投稿: yamaton | 2009年11月28日 (土) 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/46821856

この記事へのトラックバック一覧です: レン耐 第2回参戦記 その4:

« レン耐 第2回参戦記 その3 | トップページ | レン耐 第2回参戦記 番外編1 »