« 発注記念 ピンク(チェリーボム)祭り | トップページ | 姫路へ出張 »

2010年3月16日 (火)

最近読んで面白かった本

通勤時間が長い関係上、本は乱読に近い状態で読んでいるのですが、最近結構面白かった本がこれです。

加藤陽子 「それでも日本人は戦争を選んだ。」




ある私立学校の歴史部(?)の生徒におこなった講義を本にまとめてあるのですが、もともとが中高生向けの講義だったこともあり、非常に解りやすくまとまってます。

 この本は日本の近代史をほとんど学習していない「大人」に読んで欲しい本ですね。
大日本帝国を否定的に捉える見方しか習ってこなかった世代にとっては、きっと目から鱗だと思います。
 私は、昔からこの時代の歴史が結構好きでいろいろと読んでいたので知識はそれなりにあるのですが、これはこれで非常に面白かったです。

 もう一つ気がつくのは時代は変わっても、日本以外の大国の凄さ(単純な意味ではなく)ですね。 2010年代もまたこのまま日本は大国の思惑にやられてしまうのでしょうか・・・

加藤陽子教授 最近よく目にします。 嫌いではないです。  

|

« 発注記念 ピンク(チェリーボム)祭り | トップページ | 姫路へ出張 »

その他」カテゴリの記事

コメント

今、俺たちは金ちゃん帝国をウザいなと思っている。これ以上しゃしゃり出てきたら、韓国や米国とともに叩き潰してしまえと思っている人も少なくない。
たぶん70年前の極東においては、日本もそう見られていたんだろうね。小さな島国のクセに生意気に聯合艦隊なんか作りやがって、と。歴史にifはないけれど、当時の白人至上主義(今もだけど)の中で「それは違う」と言う立場を取りたければ、闘うしかなかったのかなと思う。
ただ、戦争の畳み方は下手だったね。ミッドウェー負けたところですぐに高松宮さんか伏見宮さんあたりがロンドンに飛んで講和依頼すべきだったと思う。

投稿: citron | 2010年3月16日 (火) 20:12

まあ、私的にはミッドウエーに出て行ったこと自体が間違いだと思ってます。

 どちらにしろ戦争を始めた是非はともかく落としどころがハッキリしていないのがあの戦争のダメなところですね。

投稿: yamaton | 2010年3月17日 (水) 12:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/47806064

この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んで面白かった本:

« 発注記念 ピンク(チェリーボム)祭り | トップページ | 姫路へ出張 »