« 欠航じゃ | トップページ | ニッカウヰスキー 余市蒸留所  »

2010年4月 3日 (土)

実録! 仁義なき単車遍歴!! 横浜侵攻篇 その3 中型ステップアップ

てなわけで、お酒を飲みまくりの日々と部活とで最初はバイトもままならず、中型自動二輪免許をとりに行くことも出来なかったのですが、そこは、大学生の特権の長い夏休みを利用して、まず一ヶ月たっぷり工場でラインの夜勤の仕事をすることにしたのです。

 川崎方面の某工場なんですが、洗剤とかのプラスティックボトルに商標やら注意書きやらを印刷しているところで、印刷が上がってきた品物の印刷具合 を検品する仕事です。
 ラインでダーッと大量のボトルが流れてきて、それをじっと見て印刷不良品をはねる仕事です。

 夜の20時~翌朝8時までの仕事で当時、一日約1万円だったので一ヶ月で20万円以上稼げたのはいいのですが、この仕事は辛かったっすね。毎日や ると目がチカチカしてくるし・・・

 このバイトでなんとか軍資金を貯めた私は、当時流行の合宿免許に行ったのでした。
栃木のほうの合宿免許だったのですが、同室だったメン バーが初めて単車に乗る人ばっかりだったのです。

私は、2歳で三輪車に乗り、3歳で雨の日でも団地のチェーンロックを自分で食卓イスを持ってきて外そうとするぐらい三輪車に乗りたがり、4歳で自転車に乗り、5歳前には補助輪を外し、免許取得前からクラッチ付きバイクを空き地で乗り回し、原付時代には3台のバイクを乗り継いだ私に教官は「適当に乗っといて」とコースだけ教え特に厳しいお とがめご指導も無く、乗れないメンバーに付きっきりな状態で、なんだか呆気なく、中型自動二輪免許をゲットしたのでした。
(ちなみに恋の花咲くことは一切無かったのです。 合宿免 許バイク組には女の子はいなかった・・・かなり妄想はしてたのですが(爆))

そして、更にバイトに励んで25万円を頭金にし、さらに、夏休み以外も出来るバイトということで夜20時から良く朝2:00までのカプセルホテルの フロント業務に就き、この資金をローンに突っ込むということで購入したバイクがこれ

 

Gf250

出た!スズキのGF250だ!! (知ってる人はいるのだろうか?)

4気筒だぜ!
フロント16インチだぜ!
水冷だぜ!
最初から集合管だぜ!
その上、集合部はサイクロンタイプだぜ!
車検も要らない250ccだぜ!

って理由で契約書にハンコを押したのですが。 さらに言うと、当時、私は特に4気筒の♪ふぉん!って音にあこがれていたのと250ccで4気筒っていうのがメカメカしくて好きだったという理由もありました。
(いまじゃ 4気筒にはまったく興味なしですけど・・・)

今、見ればネイキッドのたたずまいで、そんなに違和感はありませんが、当時はレーサーレプリカ全盛時代であり、カウル付きのバイクが「かっこい~~い」って風潮だったのでホントはカウル付きのGF250Sが欲しかったのですけど、経済的理由(差額をブーツ代にまわした)でカウル無しの無印GF250を購入したのです。 ちなみにGF250S(今見てもこっちの方がカッコいい)

1986_gf250s_450

GF250は音だけは速いマシンでしたね。
ノーマルマフラーでかなりいい音がしましたが、スピードはいかんともしがたく、
さらに最後までリア18インチ、フロント16インチの切れ込むハンドリングには慣れずじまいでした。

忘れられないのは、納車の日の出来事ですけど、次回に続く・・・

|

« 欠航じゃ | トップページ | ニッカウヰスキー 余市蒸留所  »

09 青いころ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
プラスチックボトルの印刷工場私も経験有ります。今の会社に勤める前にアルバイトしていました。夜20時~翌朝8時で拘束され、日当も当時¥9.000でした。プラスチックのキャップが機械からコロコロ出てきて、コンベアー上で不良品をはねてました。あの、ボトルに印刷する技術は当時感心しました。
今考えるとブラスチック溶けた臭い中でよくや作業していたなぁ~と思います。

投稿: M・K | 2010年4月 3日 (土) 09:47

MKさん
お久しぶりです。
あのバイトきつかったなあ。 主任のおっさん厳しかったし・・・

ところで、MKさんもビューエルお一ついかがですか?(爆)

投稿: yamaton | 2010年4月 3日 (土) 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/47926954

この記事へのトラックバック一覧です: 実録! 仁義なき単車遍歴!! 横浜侵攻篇 その3 中型ステップアップ:

« 欠航じゃ | トップページ | ニッカウヰスキー 余市蒸留所  »