« ステッカーチューン XB9SX その3 完成図 (梅雨時プチチューン) | トップページ | プジョー307 スパークプラグ交換  »

2010年6月30日 (水)

パラグアイ vs 日本 (W杯と世界経済の中の日本のポジション)

やはり、書かねばなるまい・・・
結果は、ご存知のとおり、PK戦でのベスト16敗退となりました。

あの試合は、はっきり言ってサッカーとしては、ぜんぜん面白くない試合でして、日本人でもパラグアイ人でもない人がみたらボーっと眠くなるような試合でした。 
そりゃそうですよね。どっちもおんなじ様な戦術を取るチームで守備が上手く、決定力がイマイチだというところまで似てますから・・・・

ただ、堅守速攻の経験は全然違います。
パラグアイアイという国はサッカー強国に囲まれた(なにしろブラジルと、アルゼンチンに囲まれてる国なんですよ)国で、南米予選からそれらのサッカー強国との戦いを強いられる国で、そりゃあ、堅守速攻にも磨きがかかろうかというものです。

 一方の我が日本はアジアではトップクラスの実力を持ち、予選では常に相手の堅守をどう破るかという試合を強いられます。 また予選に参加している国々も決して強豪とは言えない国々ですので、日本はアジア予選では、若干守備をおろそかにしてでも非常に攻撃的なチームとして2年近くを戦うわけです。

 しかし、いざW杯になると、基本的には日本より強いチームばかりでアジア予選と同じ戦い方をすればあっという間にディフェンスを破られ、失点してしまいます。 (去年のオランダとの強化試合を見よ 前回ドイツ大会を見よ) よってW杯において、自分達の実力を誤解したままアジア予選と同じ戦術で戦うと、完全にやられてしまっていたのが過去3大会だったと思います。今回大会前の4連敗もそうです。
そこで日本は急遽 堅守速攻に戦術変更したのです。 パラグアイと比べれば完全に一夜漬けです。

  でも今回の大会直前の戦術変更は、一部の選手の不調があったにしろ、W杯に向けて非常に理にかなっていたと思います。
現有の戦力で日本が決勝トーナメントに行くには唯一の戦術だったとも言えると思います。

 今回の南アW杯においては、大会前の短期間に日本代表(監督もスタッフも選手も全部含めて)が初めて身体の芯から日本サッカーの世界の中での自分達の立ち位置を本当に理解し、冷静に自分達の戦力やストロングポイントを見出したのでしょう。大会前に4連敗して追い込まれた状態だったから素直に自分達の実力を認めることができ、戦術変更も割とすんなりいったのだと思います。 
また、その戦術変更をすんなり取り入れるチームや個人の柔軟さがあったとも思います。

 例え話として良いのかどうかわかりませんが、これは世界経済で考えてみると、なんでも日本が一番だった季節(バブル期)(サッカーではアジア予選)はとうに過ぎていることにいち早く気付き、グローバルな世界の中で自分の会社のストロングポイントを上手く活かすことができた会社(今回の日本代表と同じように)だけが世界経済の中で生き残っていける(ベスト16に残っていける)のと同じことだと思うのです。 逆にいくら強豪国でも自分達のストロングポイントを忘れてしまった国は予選敗退となっています。(イタリアとかフランスとか)

 今回の日本へのご褒美はベスト16でしたが、これは考えようによっては日本にとってはとても良い結果だったと思います。 もしベスト8とかベスト4とかになっちゃてると、太平洋戦争の緒戦の大勝と同じになってしまって、日本人の悪い癖で冷静な分析ができなくなってしまい、鼻高々になってしまうなんてことになりかねないですからね・・・

ともあれ、監督、選手、そして裏方スタップのみなさん お疲れ様でした。
過去の3大会(フランス 日韓 ドイツ)と比べて非常にポジティブに大会を楽しむことができたことを素直に喜びたいと思います。

これからも代表の試合をワッチしていくのは忘れないようにしますよ~ 

最後に協会の方々に・・・
 今後は日本のあるべきサッカーの姿(方針)をきっちりと固め、ある程度長期間任せられるような監督を選んで、じっくりと日本代表(日本のサッカー)を育てて欲しいと思います。

素人の戯言 ご清聴ありがとうございました。 
(ブログだから勝手なことを書かせてもらいました。) 

|

« ステッカーチューン XB9SX その3 完成図 (梅雨時プチチューン) | トップページ | プジョー307 スパークプラグ交換  »

その他」カテゴリの記事

コメント

平日の深夜まで引っ張っておいて、うぉぉいって感じでした(笑)
でもまぁ、当初は予選で三連敗の予想が大半だったようですので、今回の結果は素晴らしいものではないでしょうか。
4年後が楽しみになりました。

投稿: ビューエル始めました。 | 2010年7月 1日 (木) 22:27

ワタクシも、あまりサッカーに興味がないのに、見始めると止められなくて、結局寝たのが2時半くらいでしたよ~~^^
予定では1時過ぎに寝れるはずだったのに・・・!
でも、選手の方々の懸命な頑張りには、感動したっす♪

投稿: ジョン吉 | 2010年7月 1日 (木) 22:52

ビューエル始めました。さん ジョン吉さん

おはようございます。
また4年間見ることが出来ないと思うと寂しいですね。
テレビ中継のある日本代表の試合は深夜、早朝開催で無い限り94年くらいからずーーっと見てるのですが、今回ほど現実に即して戦ったのを見たのは初めてです。
ただ戦術変更は直前だったし、その辺の悪いところはシッカリ反省してもらい、これからの4年間に活かしてほしいものです。

ただ19時や20時スタートの日本代表の試合の場合はいつもダイニングバーでビール飲みながら見るのでイライラする試合だけはやめて欲しいっす。酒量が増えちゃいます。(笑)

それと、昨晩のオランダ-ブラジルもですが、今晩23時Kick-offの今大会屈指の好カード ドイツ-アルゼンチンも非常に楽しみです。(家飲みで観戦予定)

投稿: yamaton | 2010年7月 3日 (土) 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/48761999

この記事へのトラックバック一覧です: パラグアイ vs 日本 (W杯と世界経済の中の日本のポジション):

« ステッカーチューン XB9SX その3 完成図 (梅雨時プチチューン) | トップページ | プジョー307 スパークプラグ交換  »