« パラグアイ vs 日本 (W杯と世界経済の中の日本のポジション) | トップページ | W杯 ドイツ VS アルゼンチンとVW TSIエンジン »

2010年7月 3日 (土)

プジョー307 スパークプラグ交換 

久し振りにプジョーちゃんの話題です。

前回のプラグ交換から30,000キロ以上走りましたので、今回は自分でプラグ交換したいと思います。
今は、プジョー純正プラグなんですが、入手性も含めて考えてNGKのイリジウムMaxという奴にします。

ちなみに私のプジョー307はStyleBreakという1600ccモデルなんでエンジンはプジョー206の1600ccモデルと同じでNGKだとプラグの形式はLFR6AIX-Pというものです。
Img_0151

はじめに・・・下記を参照に自分で作業されるのは構いませんが、すべて自己責任でお願いします。私は一切責任を負えません。 特にスパークプラグを取り付けるときに無理やりねじ込んだりするとエンジンヘッドの損傷につながり、費用的にも大変なことになるかもしれません。
自信がない人は素直にディーラーにお願いしましょう。

では、作業ですが、まずはボンネットを開けてダイレクトイグニッションコイルを外すところまでです。

エンジン全景
Img_0138

ダイレクトイグニッションのカバーを外します。

緩めるボルトは下記の赤矢印 6本 ちなみにボルトの頭はトルクスのT20番
Img_0141

実際にはボルトというより、タンピングビスなんですけどね
どんどん緩めていきます。 ちなみにみんな同じ長さなんで場所をわかるようにする必要なし・・

カバーを外したところ
Img_0142

真ん中の白い樹脂でモールディングされているのがダイレクトイグニッションです。
こいつを外すのですがその前に下記の赤矢印のブローバイホース2本と隠れて見にくいですけど
黄色矢印のイグニッションコネクタを外す必要があります。
Img_0142_2

赤矢印のブローバイホースは矢印の先の黄色いボタンを押しながら抜く方向に引っ張るとあっさり外れます。 そして黄色矢印のイグニッションコネクタですが、欧州車に良くあるタイプで金属ピンでロックされているタイプです。

Img_0146
このコネクタを外すには上の写真のように金属のロックピン(クリップ)を引っ張って抜いてしまい、それから外せばすんなり外れます。

ブローバイのホースとイグニッションコネクタを外したら、ダイレクトイグニッションユニットを固定している4つのボルト(赤矢印)を外します。(これはちゃんとしたボルトですべて同じボルトです)。
Img_0147

そしてユニット全体を真上に持ち上げると
Img_0152hazushita
このようになりますので、あとはプラグを緩めて外していけばOKです。
必要工具はM14用のプラグレンチ(二面幅16mm)です。プラグ用のマグネットとかゴムの付いたソケットでないとプラグが奥深くにあるので取りづらいと思います。

そして外したプラグはこれ
Img_0149

一番右の4番プラグだけ異常な焼け方をしていてなお且つ、プラグのネジ部にオイルが付着しています。オイル上がりか・・・・気になるけど車のエンジンをO/Hするほど時間もないので、
「臭いものにはフタ・・・」
しちゃいます。(笑)

で新しいプラグを組み付けていきます。
当たり前のことですが、最初はプラグを優しく手でねじ込んでいってください。 最初から激しくラチェットハンドルとかTバーを使うようなことをしてはイケマセン。
手でねじ込めるとことまでねじ込んで、あとはラチェットとかTバーで1/2回転させれば完了です。

組み立ては、分解の逆の手順で進めていけば簡単ですけど、イグニションコネクタの固定ピン(固定クリップ)を忘れないように組み込んでください。


肝心のフィーリングインプレションです。 ブラシーボ効果が無いとは言えないのですが、下記のことを感じました。

1.始動性の向上
これは明らかに火付きが良くなった感じです。

2.低速トルクが太くなった。
感覚的ですが、2000rpmぐらいまでの低回転域でのトルクが厚くなったような気がします。

上の方はまだ回してないので不明です。
以上 久しぶりのプジョーちゃんメンテでした。

P.S.
ホントは明日、バイクでサーキットに走りに行くつもりだったのに・・・雨なんで中止です。
梅雨はいやじゃ!!!

|

« パラグアイ vs 日本 (W杯と世界経済の中の日本のポジション) | トップページ | W杯 ドイツ VS アルゼンチンとVW TSIエンジン »

06 車(プジョー ボルボ etc..)」カテゴリの記事

コメント

プジョーいいですよね^^
実は以前に206に試乗して一目惚れし、ハンコ押す寸前まで言ったんですが、マツダデミオの怒涛の値引き攻撃にノックアウトされ、購入には至らなかったんですよ^^
いま思うと、プジョーに乗りたかったんだけどなぁ^^

投稿: ジョン吉 | 2010年7月 4日 (日) 21:43

ジョン吉さん こんばんわ
私も実はデミオも比較車にいれてたんですよ・・・
当時、206狙いだったんですけど、307の安いのにしちゃいました。 デミオも結構、心動かされたんですけどね

投稿: yamaton | 2010年7月 4日 (日) 21:47

猫足いいですね~
私もいつかはプジョーに乗ってみたいです。

投稿: ビューエル始めました。 | 2010年7月 5日 (月) 22:17

ビューエル始めました。さん
ビューエル乗ってるぐらいですから(笑)外車に対する心構えはできてるでしょう。
是非とも、ヘンタイフレンチの世界へおいで下さい。

投稿: yamaton | 2010年7月 6日 (火) 06:46

こんにちは! 
最近朝、エンジンがかからないケースが目立つ、そろそろプラグ交換時期が来たじゃないかな、、、分かりやすい説明ありがとう!!

投稿: 307 user | 2011年8月25日 (木) 08:23

307userさん
参考にしていただき有難うございます。
プラグが原因だといいのですが、始動不良は他の原因も考えられますので、じっくりと原因追求される事をお勧めします。

投稿: yamaton | 2011年8月27日 (土) 13:14

初めまして、今回DIYでイグニッションコイル交換を!と思い情報を探していた所、たどり着きました。
画像付きで非常に参考になりそうです、有難うございます!
DIYはあまり経験が無く(バッテリー程度です・・汗、工具も少ないので、必要なもの、注意点等を教授頂くと助かります。。

もし宜しければ宜しくお願いします!

投稿: 307stile | 2012年9月29日 (土) 17:54

307stileさん
書き込みありがとうございます。

ほぼ、手順は書き込んでますので、良く読んでいただければ、極端に注意しなければならない点は無いと思います。 工具も特殊工具はトルクスのT20番ぐらいだと思います。
 
ただ、DIYの経験が少ないとの事でのようですので、エンジンが熱いときに作業したりはせずにゆっくり作業することをお薦めします。
あとダイレクトイグニッションを外すのにボックスレンチ(ソケットとハンドル)及びエクステンションバーが必要ですので注意してください。
(手元に既にプジョー307は無く、申し訳無いですけどボルトサイズとかエクステンションバーの必要長さが判りません)

もし、ボックスレンチとかソケットとかの意味がわからないようでしたら、ディーラーか修理工場にお任せしたほうが安全かもしれません。

ではご検討をお祈りします。

投稿: yamaton | 2012年9月30日 (日) 14:09

こんにちは、ご丁寧に有難うございます!
何とかチャレンジしてみようと思います(汗

また何かありましたら、宜しければご教授下さい。

投稿: 307style | 2012年10月 2日 (火) 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/48786813

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー307 スパークプラグ交換 :

« パラグアイ vs 日本 (W杯と世界経済の中の日本のポジション) | トップページ | W杯 ドイツ VS アルゼンチンとVW TSIエンジン »