« いやあ すごいドラマーがいたもんだ。 川口千里さん | トップページ | モーターファン・イラストレーテッドVol.49「特集 : エンジン Part2 欧州のエンジン1~European ENGINE~」 »

2010年10月20日 (水)

ちょっと軽量化とマフラーのサビ XB9SX

昨日のドラムの女の子は横に置いておいて・・・・

ビューエルXB9SXちゃん まあたいしたことはないですけど、ちょっとだけ軽量化しました。
外したパーツは下の写真
0hazushita1

タンデムステップとサイドのリフレクターです。

それから、以前から気がついてて非常に問題なのがマフラーのサビ
0monadai

ひどいでしょ・・・_| ̄|○ がっくり

普通、買って半年の単車でありえない錆びかたですよね。

 ご存知のとおり、ビューエルXBシリーズはツインスパーフレーム内部がガソリンタンクになっていて、さらに空冷Vツインエンジンの後ろバンクがほとんどツインスパーフレームに包まれています。 そのためエンジンの熱でタンク(フレーム)が加熱され易く、タンク内部(フレーム内部)のガソリンは熱により非常に気化しやすい状況なわけです。
 この気化したガソリン蒸気をタンクから抜いてやらないとガソリンタンクの内圧が上昇し最悪の場合、破裂しちゃいますので、そのためのガス抜きパージラインが写真の赤矢印の黒樹脂パイプです。このパイプはマフラーの錆びている部分の近くに出てきています。

 マフラー発錆の推定原因ですが、耐ガソリン性のあるペイントが施されていないマフラー塗装が高温下で黒樹脂パイプから出てくるガソリン蒸気にさらされて、塗装が劣化し金属面が出てきて発錆してしまったんだろうと推測しております。

ほんで、この冬のオフシーズンに何らかの対策を取ろうと思っていますが・・・素案は3つぐらいかな

1. ガソリン蒸気が出てくるパイプをどこか別の場所にもっていく。(どこに出すのだ!)
2. マフラーをガソリンに強い耐熱塗料で再塗装。(プロのショップで)
3. マフラーをSUS(ステンレス)やチタンの社外品に交換する。(最近、円高だし)

まだ、冬になるまでの少し時間があるので、電車の中で悩みまくります。(笑)

|

« いやあ すごいドラマーがいたもんだ。 川口千里さん | トップページ | モーターファン・イラストレーテッドVol.49「特集 : エンジン Part2 欧州のエンジン1~European ENGINE~」 »

01 バイク XB9SX Buell ビューエル」カテゴリの記事

コメント

あれえ、yamaton本体の軽量化はどうかなったのかなあ(・∀・)。

マフラー、俺のもヒドイ錆ですがそこまで錆びてないなあ。
耐熱ワックスは効果ありますかね?

投稿: iyamateyo | 2010年10月20日 (水) 20:05

iyamateyoさん
本体の軽量化は5%弱進んでおります。ここからが問題です。
耐熱ワックスはどうですかね〜どちらにしろ、一度サビを落とさねば…

投稿: yamaton | 2010年10月20日 (水) 20:24

タンデムステップは外しておかないと、転倒したときに本体にダメージが及ぶみたいですね^^
錆び対策は、やっぱり誰もが買ったことの無いマフラーを取り付けて欲しいなぁ!

投稿: ジョン吉 | 2010年10月20日 (水) 23:04

ジョン吉さん
そう思いますよね。でも…って考えてる間が楽しいのかも。

投稿: yamaton | 2010年10月21日 (木) 07:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/49771169

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと軽量化とマフラーのサビ XB9SX:

« いやあ すごいドラマーがいたもんだ。 川口千里さん | トップページ | モーターファン・イラストレーテッドVol.49「特集 : エンジン Part2 欧州のエンジン1~European ENGINE~」 »