« テルミニョーニ取付  XB9SX | トップページ | テルミニョーニとエンジンチェックランプ XB9SX »

2011年5月 5日 (木)

久し振りにいっぱい走った。

ツーレポでもないけど・・・・ (ちなみに写真はあんまりありません。)
5月4日早朝出発で、まずは会社の仲間と走るために奥多摩に向かいました。
朝の6時台だというのに、中央高速は相模湖先頭に30km渋滞でして、○り抜け走行しまくりです。
そして、何とか集合場所の青梅駅に8:00到着。 (この時点ですでに100kmを走っているので、千葉県から奥多摩方面に走りにいくのはキビシイよなあ・・・)

 青梅駅から奥多摩に向かい奥多摩の駐車場でピカピカのCB750(初代)とかホンダのS800クーペ(オープンじゃないやつ)とかピッカピカのスバル360とかめずらしい物を見学しつつ休憩をします。

ここからはゴールデンウィーク期間ということもあり車も多いので大人しくR411(大菩薩ライン)をはしり大菩薩の湯へ向かいます。

大菩薩の湯は、アルカリ泉で湯に浸かるとお肌がヌルヌルになるので、湯上りは

素肌美人!!

になること間違いなしと信じ、温泉に浸かります。(ちなみに私は男です。)

2011sp0_simg_0577

そしてついでに昼飯を食べ、日帰りの会社の仲間とはここで別れて、5月3日から4日にかけてのメインイベントが始まります。

 それは、大阪の友達とツーリングなのです。  高校時代からの友人なのですが、去年、病気で入院していてこの春めでたく社会復帰したのでお祝いツーリングです。 会合ポイントは駒ヶ根です。
 彼は彼で職場関係の友人と富山にキャンプに行ってその帰りに私と合流するとのことで携帯メールで連絡をとりながらの移動となります。

 大菩薩から茅野というか諏訪までは時間調整も考え、一般道で走ることにして、茅野で時間が厳しければ高速を使う作戦としました。

 実は5月3日は予想以上に寒く、大菩薩から甲府までは良かったのですが、そこから標高があがるとドンドン寒くなっていき、諏訪でセルフのガソリンスタンドに入ったときは思わず、ホットココアを飲んでしまったほどです。 やっぱりGWの長野は厳しいっす。(昔、同じ時期にツーリングに長野に行って雪に降られたことがある。積雪は無かったけど)

 諏訪(茅野)でも十分時間があったので高速作戦は放棄して一般道R152で南下して、途中から西に向かうルートを取ることにしワインディングを楽しみます。

 R152の美和湖までは南下したのですが、雨がポツリポツリと降ってきたので少し戻って、目的地の駒ヶ根へ向かいました。

 美和湖にて
Img_0269

そして宿の到着
大阪の友達は先に到着していました。 

友達のバイクはBMWのF650GS 650と書いてあっても800ccという、ゲルマンBMWにあるまじきネーミングのマルチパーパスバイクです。 
 同じツインでもビューエルとは全然ちがうエンジンの廻り方をします。
クランクのマスが感じられない感じで、ヒュインヒュンと回転が上がり、すぐに回転が落ちていく現代的なエンジンです。 一方のビューエルは回転の上がりも下がりも3倍(もっと差があるかも)ぐらい遅い感じですね。

エンジンだけのイメージでいうとジェット戦闘機とレシプロ戦闘機の差 って感じですかね・・・
どっちも乗ったこともましてや操縦したこともないので(普通のサラリーマンだから当たり前だ!)あくまでイメージ的なものですけどね(笑)

2011sp_1_img_0274_2
(ツーショットです。撮影は5/4ですけど)

そして二日目
R153、R151を使って南下し、途中から県道426号へ入り、上流側から県道一号を走って佐久間ダムを目指します。
黒部ダムには行ったことがあるので、佐久間ダムを押さえれば戦後すぐの大土木工事ダム編をコンプリートというわけで、私が行きたかったのです。

しかーし、ダム湖である佐久間湖の湖畔を走る県道一号線が、予想外にクネクネの狭い道な上、長くて疲れるわ、クネクネするのに飽きてくるわで大変でした。

そしてたどり着いた佐久間ダムです。
2011sp2img_0278

こっちのほうが高さ感を感じれるかも(わたしゃ足がすくみましたよ)
2011sp3img_0277

 黒部ダムでも思いましたが、昭和20年代後半から30年の前半にかけて良くこんなところにこんな巨大なものを作ったなあと感心してしまいますね。(でも規模でいうと黒部ダムの方がかなりでかく感じます。) 

あとは天竜川沿いに浜松まで南下して、浜松インターそばでうなぎを食べて、大阪の友達とは解散です。 この時わかったのですが大阪の友達の家から浜松インターまでと私の家から浜松インターまでの距離がちょうど同じでした。 期せずしてぴったし中間点で解散となったのでした。

でも大変なのは、ここからだったのです。
5月4日は連休の中日だからそんな混まないだろう・・・という読みが完全に外れ、東名がやたら混んでまました。 ずーーっと○り抜けです。 疲れました。

てなわけで、5月4日の22時前に帰ってきたのでした。
ちなみに今回のルートは下記です。
Googleearth__2

二日間で走行距離は約800kmでした。  このツーリングでフロントタイヤが終わってしまいました。

しかし、but 今月は

タイヤ代が無いぞ!!

このまま、タイヤから糸が出るまで走るか!!

以上

|

« テルミニョーニ取付  XB9SX | トップページ | テルミニョーニとエンジンチェックランプ XB9SX »

05 バイク (一般 ツーリング)」カテゴリの記事

コメント

すばらしい走行距離。
XBも喜んでいたことでしょうね。

タイヤはダンロップですか。
いやドイツでしたね。

以上

投稿: iyamateyo | 2011年5月 5日 (木) 23:57

iyamateyoさん
久しぶりに、長距離走りました。 タイヤはどうすっかなあ・・・
独逸いっちゃうかな

投稿: yamaton | 2011年5月 6日 (金) 07:55

静岡に帰ってきましたよ♪
元気になられた御友人との素敵なツーリングで良かったですねぇ。バイクって危ない乗りものですが、人と人の縁をつないでくれる有難いものですね。

テルミのご機嫌はいかがでしたか?
やっぱり長時間走ると頭痛くなりますか?

投稿: ジョン吉 | 2011年5月 6日 (金) 17:31

ジョン吉さん
どうもどうもどうも・・・大阪のツレはもう30年ちかい付き合いなんですよ

テルミのインプレッションについては、今度別途書きますね・・・ただ、ツーリングの間、乗るだけなら概ね問題は無かったです。性能をひきだせてるかどうかと言われると、かなり???ですけど・・・
音は、バッフル入れてるんで頭が痛くなるほどでは無いですよ。 

テルミのせいでECMセッティングの蟻地獄に入ってしまいそうです。

投稿: yamaton | 2011年5月 6日 (金) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/51587556

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りにいっぱい走った。:

« テルミニョーニ取付  XB9SX | トップページ | テルミニョーニとエンジンチェックランプ XB9SX »