« 2011年夏のワゴン選び (V50購入記) その1 | トップページ | 2011年夏のワゴン選び (V50購入記) その3 »

2011年9月 1日 (木)

2011年夏のワゴン選び (V50購入記) その2

それぞれのストロングポイント(SP)とウィークポイント(WP)を完全に私のフィーリングですがランダムに書いてみましょう。

1.ボルボV50の2L

SP:ミッションがデュアルクラッチ(DCT)、デザインが好き、輸入車の中では比較的安い、
WP: 何の変哲もないごくフツーのエンジン、 ワゴンにしては荷室が狭い

2.プジョー308SW (2011年前期モデル)

SP:エンジンが1.6Lの過給(ダウンサイジングコンセプト)、輸入車の中では比較的安い、
トルコンATがイヤ
WP: 幅がデカイ リヤ周りの造形がイヤ 寝過ぎたフロントガラス、

3.VW ゴルフバリアント

SP:ダウンサイジングの1.4L過給エンジン、DCT(デュアルクラッチ)のミッション
WP:ボディ後半の造形が圧倒的に嫌だ。 家人がVWマークが大キライ

4.マツダ アテンザワゴン

SP: 結構カッコいいよ(ワゴンに関しては・・・とオレは思う。) 国産である。
WP:マツダのリセールバリューの悪さ 5速のトルコンAT ちょっとデカすぎ エンジンがフツーすぎる

5.スバル レガシィワゴン
 

SP: 水平対応エンジンじゃ! 普通に4WD(最近はAWDというらしい) アイサイトがすげえ
WP: デザインが残念 ちょっとデカすぎ CVTがキライ 友達が既に載ってる。

今回のクルマの選択においては、ミッションだけでも効率の良いミッションを選択をしようと思っていました。ミッションでパワーをロスするのも勿体ない話ですしね・・・
(いままでのプジョー307はAL4と言われる日本のATとはちょっと違ったトルコンミッションでしたので・・・
リンク先を読むと素晴らしいミッションだと思われると思いますが、そんなことは無いです(笑))

そんで、私が個人的に自動変速機で効率とドライブフィール双方が優れている機構だと思っているのは下記の順番です。
(異論はあると思います。私の感性だけでの評価です。)

1.DCT wikiの説明
2.トルコンAT(ロックアップが早いタイトなATであれば・・・ですけど) wikiの説明
3.CVT wikiの説明
(それぞれの機構はリンク先読んでくださいね)

って結局、単純に
私、CVTがキライなんです。 

最近のCVTはかなり良くなっていますが発売当初のCVTはアクセルを踏んでもエンジン回転だけが上昇し、クルマの加速度はCVTの制御に委ねられているという人間の感性を無視したチューニングだったんで大キライなんですよ。

それにDCTの方が理論的に効率がいいのと、機構上ドライブフィールがMTとほとんど変わらないのが判りますよね・・・

てなわけで、この時点でスバルレガシーは候補から転落です。(友達が既に乗っているという理由も非常に大きいんですけどね・・)

つづく

|

« 2011年夏のワゴン選び (V50購入記) その1 | トップページ | 2011年夏のワゴン選び (V50購入記) その3 »

06 車(プジョー ボルボ etc..)」カテゴリの記事

コメント

ワタクシもCVTが苦手です。
本当はMT好きですが、最近は設定の無い車が多いですね。
DCTのインプレ楽しみです。
うちの独車は今から車検(^^)、節約のためオートバックス行きです(汗)

投稿: ジョン吉 | 2011年9月 4日 (日) 08:53

ジョン吉さん
私もMTで十分なのですが、嫁が運転するので却下なんです。 家族のことを考えなきゃ MTの小さいクルマで十分なんですけどね・・・それは老後の楽しみにしておきます。

投稿: yamaton | 2011年9月 4日 (日) 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/52586661

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年夏のワゴン選び (V50購入記) その2:

« 2011年夏のワゴン選び (V50購入記) その1 | トップページ | 2011年夏のワゴン選び (V50購入記) その3 »