« 西へ・・・・・その3  豪雨激闘篇 | トップページ | 西へ・・・・・その5 高野山と龍神スカイラインと熊野本宮大社 »

2012年8月26日 (日)

西へ・・・・・その4  

伊勢湾岸道刈谷PAで、びちょびちょになった、合羽を脱いで、グローブを絞り、靴下を絞り、爽やかに走ろうとしたのですが、ツーリングブーツが乾かず、中がぐちょぐちょのままでしたが、とりあえず西へ向け出発です。

 伊勢湾岸道→東名阪→名阪国道→西名阪国道→阪和道→目的地へというルートを取ります。 
 新名神で・・・というのも考えたのですが、8月14日の京阪神地方豪雨で通行止めだったので断念しました。 
どちらにしろ、私が関西に住んでいた頃には通ったことのない道です。
 伊勢湾岸道路は3車線の快適な道(退屈な道)で、左手にナガシマスパーランドを見ながら快適に(退屈に)飛ばします。

Nagashima


 

 航続距離約200kmの米国製戦闘機ではこの辺あたりでガソリンがちょっと心配(浜松SAで給油以降無給油)だったのですが、高速でガソリンは高いので、名阪国道へ入ってから給油をする事にして、名阪国道へ入ります。 この名阪国道は自動車専用道路であって、一般的な意味での高速道路ではなく、最高速度は60キロ制限であり、ポリスメンもたくさんいるよという事前情報から車の流れでフツーーーに走り、伊賀SAに到着して、大阪の友達に連絡を取ると
「おっしゃ 判った。迎えに行くから 針パーキング (針テラス)で待ち合わせな」
と言われ、ガソリンを給油しつつ針テラス.へ向いました。

 程なく、針テラス着 関西では比較的バイクがたくさん集まると聞いていたのですが、日が悪いせいか、比較的バイクが少なく、RZV500が目に付いた程度でしたね。 

 昼メシを食ってなかったのでまたもやうどんを喰らうことにして、今回はきつねうどんにしたのですが、まあまあアタリでしたよ。(写真無し)

 で大阪の友達(ツレ)は、すぐに行けるようなことを言っていたのだが、なかなか現れず・・・(ちなみに大阪弁の「ツレ」は友達の事です。彼女とかそういう意味では無いっす。誤解無きよう・・・)

 朝4時起きがボディーブローになって、だんだん眠くなってきた頃に、長身でBMWのF650GSに乗ってるツレがやっと現れたのだ。 
 彼も針パーキングで昼飯を食うということで、結局針パーキングで1時間30分ほど休憩し出発したのが15:30ぐらいで、中学から高校時代に住んでいた家を見ながら大阪南部のツレの家に到着したのが17:00ぐらいだったかな。
 昔住んでた家(いまはウチの名義ではないが・・・)

Simg_1800

この日は、元々、ツレ(以下「ツレ甲」と称す)の家に着いたらとりあえず、シャワーを浴びてもう一人のツレ(以下「ツレ乙」と称す)を呼んでツレ甲の家で鉄板焼きパーティをしてビールを喰らって寝よう計画を練っていたのです。(ツレ甲は一軒家に一人暮らしなのです。)

 そのため、ツレ乙が車で物資の調達を図ってくれていたのだが、何を思ったか、ツレ乙の息子も入れて大人4人で2キロの肉と大量の炭酸飲料と野菜類を購入してきただ。

 ツレ乙の息子を除いてメンバーの3/4が昭和40年代初期生まれの俺たちでは当然食べきれず、ツレ甲の近くに住んでるツレの3人目(ツレ丙と称す)を呼んで処理を図ろうとしたのだが、登場が比較的遅い上に、実はツレ丙は女性なので余り効果的な戦力とならず、結局、1キロ以上の肉を残したまま、近くの盆踊り会場で唸ってる「佐野くどき」を子守歌に明日の高野山攻めに備えて就寝したのであった。

(しかし、「佐野くどき」もメインボーカル(音頭取り)の劣化が激しいな・・・今回、私が聞いた音頭取りでも、まあまあ聞けたのは一人だけだった。 節回しが出来てないし声が出てない・・・)




|

« 西へ・・・・・その3  豪雨激闘篇 | トップページ | 西へ・・・・・その5 高野山と龍神スカイラインと熊野本宮大社 »

05 バイク (一般 ツーリング)」カテゴリの記事

コメント

千秋も参加してたのかぁ(´▽`*)
行きたかったな~♪

投稿: 三井 | 2012年9月 2日 (日) 20:25

どうも
そうなんよ。それでも肉が余ってねえ
三井のヘルプが必要だったな。

投稿: yamaton | 2012年9月 2日 (日) 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/55510630

この記事へのトラックバック一覧です: 西へ・・・・・その4  :

« 西へ・・・・・その3  豪雨激闘篇 | トップページ | 西へ・・・・・その5 高野山と龍神スカイラインと熊野本宮大社 »