« 西へ・・・・・その4   | トップページ | 西へ・・・・・その6  東へ戻らなきゃ・・・最終回 »

2012年9月 2日 (日)

西へ・・・・・その5 高野山と龍神スカイラインと熊野本宮大社

翌8月16日 AM5時起床 6時にツレ甲の家を出発。今回のメインイベントである龍神スカイラインへ向かう。
 東京で一緒に仕事をしていて、大阪に転勤になった会社の後輩も昨日メールで連絡し、一緒に走る約束をしてあるのだ。 高校時代は原付ライフだったので龍神スカイラインはまともに走ったこともなく、ある意味やっと龍神をデカイ単車で走れる事になった。

 大阪南部新空港の近くから龍神スカイライン入口までは約1時間、高校の時はえらく遠く感じたが今じゃあっという間で、今でもあの大阪の家に住んでたら毎週のように龍神に通ってしまうだろうななどと思いつつ、龍神の入口の駐車場で大阪転勤後輩のCBR600RRを待つこと約20分 オレンジ色のCBRが現れここからスペシャルステージの始まりなのだ。

Ryujin


龍神スカイライン・・・良い道っすね。 路面もそれほど荒れてないし日付のせいかバイクも車も少なく楽しかった。でも初めての道なので、そこそこペース以上は飛ばさずCBR600RRの後輩もそれほどガンガン行かずに気持ちよく楽しんで、到着したのが「ごまさんスカイタワー」の駐車場です。 お金がかかるスカイタワーには昇らずまずは駐車場で一枚

Simg_1806

手前のBMWが今回泊まらせてもらっているツレのバイク、手前から2台目が私のビューエル、その向こうが後輩のCBR600RRです。

そして駐車場からの山なみ

Simg_1804

昨晩、少し雨が降ったのか非常に空気が爽やかで、良かったんですけど、タワーから先、南下していく道路は日陰のせいか少しウエット気味で、アスファルトが黒光りしていてちょっと怖かったですよ。

そのあとは、熊野方面へ移動です。移動中は、久々に山の中の道でまさに「緑の中を走る」感じが最高に気持ちよく、1年分の森林浴を一気に終わらせたような気になりましたよ。

で本物の熊野古道にはバイクでは行けませんので、なんとなくの雰囲気で「野中の清水」にバイクで立ち寄り、(しかし斎藤茂吉がクルマで来たとは・・・・) 「古道歩きの里 ちかつゆ」で休憩です。(「ちかつゆ」の由来はこちら

Simg_1810

このあとは、再び緑の濃い空気を吸いながら熊野本宮大社に向かいます。

熊野本宮大社は日本サッカー協会のシンボルマークにもなっている八咫烏(やたがらす)の神社です。
八咫烏は太陽神という話もあるので、雨男認定寸前のオレとしては当然お参りする義務があるのだ。 

そこそこ長い階段を上ってお参りに向かいます。

Simg_1822

奥の階段見えますか?

Simg_1823

そして、写真撮影OKなのは、ここまで


Simg_1825

太陽神 八咫烏様 頼むぜ!!

熊野本宮大社で三度、うどんを喰らい、このあと十津川沿いをR168で北上開始です。

十津川村周辺は、関東からだと非常に行きにくいポイントの一つで、秘境という名に近い所ですよね。 でも十津川と言えば2011年の豪雨災害が記憶に新しく、今回、R168を走ってみたら、まだまだ災害の爪痕がかなり残ってました。道も仮設のところも多くて、大変な状況です。 311の大震災もそうだけど、大自然の力に畏怖を感じますね・・・

ここからは、奈良県五條市まで北上、その後、国道24号と出来かけ無料供用中の高速を使い、和歌山県橋本市経由、犬鳴山を抜けて大阪南部へ戻ったのでした。

そして、この日は近所の回転寿司屋で晩飯にしたのだが・・・
新空港が近いせいか、各国の言葉が飛び交いアジアンな混沌の中の回転寿司でして、なんというか、結局言葉で表すとアジアンだなあ~って感じでしたね。

楽しい日々も明日で終わり、関東に戻らねばなりません。 6時出発を決定して、今日も唸っている「佐野くどき」を子守歌に早めに就寝したのでした。

次回は最終回

|

« 西へ・・・・・その4   | トップページ | 西へ・・・・・その6  東へ戻らなきゃ・・・最終回 »

05 バイク (一般 ツーリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/55562087

この記事へのトラックバック一覧です: 西へ・・・・・その5 高野山と龍神スカイラインと熊野本宮大社:

« 西へ・・・・・その4   | トップページ | 西へ・・・・・その6  東へ戻らなきゃ・・・最終回 »