« 出張雑感 2  ヒューストン→リオデジャネイロ→サンパウロ→ロサンジェルス | トップページ | 2013 MOTOGP もてぎ »

2013年11月 5日 (火)

2013秋 高速ツーリング 

10月12,13日はいつもの会社の仲間と秋のツーリングです。
っていってもこないだ書いたように海外出張から帰ってきたのが10月10日。
時差ボケのまま参加です。

行き先は奥飛騨 ただ今回は出張に行っていたせいでツーリングの行程計画はすべてお任せでありイマイチ何処に行くのか解ってないのです。さらにいつもと違って高速主体のツーリングであります。

 中央高速談合坂SAに8時集合とのことで、大事をとって5時半頃に自宅発。 幸いにもそれほど寒さはなく快適に飛ばしていきますが、相変わらずETCの調子が悪く、湾岸習志野でトラップにひっかかってしまいました。 順調にすすんで7時20分には談合坂に着いたのはいいのですが、時差の関係か感覚がおかしく、スピードに身体がついていきません。
 危ないなあと思いつつ、SAでダラダラしていたら仲間が徐々に集まってきました。
全員集合したところで、甲府盆地へ向かってGOです。
 走行スピードは書きません。(笑) なかなか良いペースであっという間に伊那インター着。近くのコンビニで大阪から参加のメンバーと合流した昼飯に向かいます。

 昼飯は会社ツーリングにつきものの蕎麦です。 
お店はこれ

Simg_2605

そんで、普通にざるそばとかを食べる気分でも無かったので、比較的高価なチョイスの旅籠蕎麦というのを頼んでみました。

Simg_2608

書いてあると通り、つけ汁は味噌汁なのです。出てきたのはこれ

Simg_2606

おおお 見てのとおり、味噌汁と蕎麦であります。 うーーん 何となく色合いが良くありません! いやな予感です。

えい!っと蕎麦を手繰り、つけ汁味噌汁につけて、ズルズルっとすすってみると

結構、いけるじゃん! (今日は横浜の人)

でも一枚目が終わったあたりで飽きてきてしまい、残りの蕎麦を何も付けずに食べると

なんだよ。 こっちのほうが美味いじゃん!

というわけで、普通のざるにしておけば良かったと激しく後悔したのでした。
よくよく、考えてみれば日本国中にこれだけ味噌汁と蕎麦が普及しているにもかかわらず味噌汁に付けて食べる蕎麦というのがほとんど無い(少なくとも俺は今回初めてみた)ことを考えるとこの組合せは
ダメじゃん!(まだ、横浜の人)
ちゅうことなんだよな。 
別に不味くはないけど、普通のつけ汁のほうが良いです。ハイ

昼食後は飛騨川沿いに北上し、高根第一ダムなどを眺めます。 誰かがこのダムはにロックフィル式ダムであるとかいう話を聞き込んできたのですが、そのようなダムではありません。アーチ式ダムでした

Simg_2609


ちなみに日本最大の高さを誇るロックフィル式ダム 高瀬ダム(長野県大町)はこんな感じです。

800pxtakase_dam_20081013

全然 ちゃうやんけ!(関西人に豹変)

その後は、一緒に行ったメンバーの一人が一宮神社の御朱印集めをしているということで○○神社に寄ってから(神社名失念 写真なし)奥飛騨へと突入していきます。

山道に入っていくと、予想はしていたものの
日も陰りつつある時間帯の上、厚い雲が現れ 
むっさ寒い!(このときは関西人)

ヘルメットの中で「寒い! 寒い! 寒い!寒いぞ!神様仏様ジーザスさまあ~~」と呪詛の言葉をわめきつつ宿に到着。 急いで荷物を下ろしてチェックインの手続きをしているとフロントのオネエちゃんが
「私どもの宿では美しい庭で飲む生ビールがご好評をいただいています。」
などと俺たちの状況を全く鑑みないセールストークをかましてきた時はつい
「寒くてビールなんて飲めねえよ」(江戸っ子に変異)
と言ってしまった事は内緒です。

でも部屋に入れば、結局ビールを飲みさらに近所の酒屋から地酒を買ってきて飲んでおります。

Simg_2611

さらに江頭の乱入です。(うそだよん iPhoneのアプリ)

Simg_2615

そして晩飯、左上に写っている飛騨牛が美味しゅうございました。

Simg_2616


晩飯を食ったら、時差ボケ君のせいで早々と眠ってしまい、逆に翌日は5時に目が覚める有様。
爺さんの朝の散歩というわけで近くをウロウロしていた時に取った写真。このバス停名からやっと泊まっている場所を把握しました。

Simg_2617

名物朴歯(ほおば)味噌の朝飯Simg_2619

 このあまじょっぱい味噌のおかげでご飯を3杯も食べてしまい、動く気を無くしたのですが、動かないとバイクに乗れないわけで、9時頃には宿を出発。どうせここまで来たのだから、富山に行こうということで富山に向かって走り出したのです。
 目的は富山というだけでは面白く無いので御朱印集めという言い訳で途中またもや神社に寄り道をしてから富山市に突入して海鮮丼を食って、あとはひたすら高速で自宅まで戻ってまいりました。

Simg_2626

そして、自宅に着いてお土産で買った白魚の塩辛でビールを飲んでツーリング終了で有ります。

Simg_2631

教訓
時差ボケ状態での二輪車運転はとても危険です。 出来れば避けましょう。

以上

|

« 出張雑感 2  ヒューストン→リオデジャネイロ→サンパウロ→ロサンジェルス | トップページ | 2013 MOTOGP もてぎ »

05 バイク (一般 ツーリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/58500410

この記事へのトラックバック一覧です: 2013秋 高速ツーリング :

« 出張雑感 2  ヒューストン→リオデジャネイロ→サンパウロ→ロサンジェルス | トップページ | 2013 MOTOGP もてぎ »