« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月21日 (月)

ミッションオイルとバックステップ

せっかくの三連休なのに千葉では最初の二日は天気が不安定で走れず・・・
今日は、何とかいけそうだという天気予報を信じて朝からいつものコースを走ってきました。
雨には降られなかったけど、鹿野山(マザー牧場の有る山)のあたりが相変わらずウエットでした。あの辺アスファルトに苔が生えてたりして怖いんだよ。
そんでもって、今日は今まで導入した物(ブツ)やら液(オイル)の評価というかその後の話です。
1.バックステップ
 2013年の春に導入したバックステップ ですが、物としては値段を考えると非常にすばらしく機能に関してはなんら問題ないのですが、色が少し変色してきてしまいました。
 熱によりアルマイトの色が飛んでしまったようです。
まずは、余り色の変わっていない、ブレーキ側

Simg_3314

まだまだ黒っぽいですね・・・(アイドラプーリーのボルトが錆びているのは気にしないように・・本日、キレイなのに交換しましたけどね)
こっち側はレバー自体が車体側に固定されていて、熱が伝わる要素が少ないのです。
そして、ミッション側

Simg_3313

ちょっと写真じゃ判りにくいけど、「黒」じゃ無くて「ブラウン」ぐらいになってしまっているのだ。
写真を見て貰えば判るようにチェンジレバーがエンジンのプライマリーミッションカバーにピボットされていてもろに熱が伝わる構造なのでここから伝わった熱でアルマイトの色が飛んだんだと思います。
まあ、機能上は何ら問題無いからいいけど、気になるね。
2.プライマリーミッションオイル
使ったオイルはYACCOのMVX500ちゅうバイク用のエンジンオイルの10W-40です。
Item_15_1
使った結論だけ書くと

1.ギヤの入りが良い。
2.ニュートラルが出やすい。
3.冷間時にエンジンを掛けないバイクの取り回しが非常に軽くなった。

というメリットがありました。 
新油の時だけかなあ・・と思って今まで評価をしていなかったのですが、交換から既に2000㎞ぐらい走っても、フィーリングが変わらないので今回、書いてみました。
3.に関しては確かハーレダビットソンのプライマリーミッションオイルはISO VG#100ぐらいの固いシングルグレードのオイルだから、そりゃ軽くなりますよね。
人によっては純正の硬さを好むそうですが、わたしゃこっちの軽さを取りますね。なによりニュートラルに入りやすくなったのは嬉しいです。
いよいよ関東も、明日あたりに梅雨明けのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

最近発生したこと・・・・・トラブル

ご無沙汰してます。 相変わらず仕事が忙しく土日にPCに向かう気になりません。

というわけで、書く気にはならないけど書くと有る程度長くなる事を記録という意味も含めて最近発生したことを書いておきます。
1.ボルボV50 雨漏り
えーーーーーーーって感じですよね。 今時のクルマで雨漏りなんて・・・・
原因はフロントガラスの接着不良(昔みたいにゴムで固定しているわけではなく接着材でくっつけて有るだけなので接着材が剥がれてくれば雨漏りするのだ。
剥がれた場所は運転席上部側で、発見したときはどこから洩れているのか判らなかったのですが、たまたま高速を「ぬふわ」㎞/hr程度で走っているときにフロントガラス上部から
ピュ~~~ってすきま風の音が・・・
指でガラスを押さえたら、ピタッと音が止まったのでコレが原因なのが判りました。
で雨漏りはこの季節のせいもあって程度が酷く、運転席の床に水が溜まってしまうぐらいの状況になってしまったのでした。
ディーラーに持って行って保証期間なので無償修理をしてもらいましたが・・・
少し気に食わなかったのは
クルマを預けるときに
「床に水が溜まるぐらいになったので室内フロアの乾燥はしっかりやってね」
って言って、
受け取るときも
「ちゃんと乾燥させたよね」
と確認して
ディーラー側は
「はい大丈夫です」
って答えたので、過去の対応の良さから大丈夫だろうと状況確認せずに乗って帰ってみたらカーペットの下が結構まだ「しっとり」していて乾いてなかったことですね。
ディーラーに預けた期間も短かったのでディーラー側も正直に
「時間が短かったのでまだ少し乾いてませんが、クーラーをかけて運転したり天気の良い日に窓を開けておいておいて貰えれば乾きますので・・・」ぐらいの説明があればおれもメーカーの人間なんで納得したのですけどね。
俺はエンジンの事とかクルマのことを全く知らない人ではないので、
原因と対策と現状をキッチリ話をしてくれればそれで良いのです。
(逆に、普通の整備の時にクーラントの役割説明とかエアクリの意味とかを長くやってもらう必要はないですよ)
まあ、今回、クレームは付けなかったけど、次回からはキッチリ確認してやろうと思ったのでした。
2.ビューエルのリアブレーキが鳴いている。
「雨に泣いている」(柳ジョージとレイニーウッド)
ではなく、ビューエルのでリアブレーキがキーキーと鳴いているのです。
 一度、OHせねばならないだろうな・・・
パーツは同じNISSINのキャリパーであるNSRの流用でいきます。発注をせねば・・・
以上
次回の投稿は梅雨明けかな

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »