« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

リアブレーキ 試運転

いやあ 涼しいのはいいけど、天候の面でバイクに乗りにくい。(いつ雨が降るか判んない感じ)

でも昨晩の情報部の天気情報によれば、なんとか8月最後の日曜日の午前中は天気が保ちそうということで、いつもの200kmコースを走ってきました。
 気温は曇ってると涼しいというか少し寒いぐらい(朝7時)でして陽が出るとちょっと暑い感じでしたね。 天気のせいかバイクが少なかったです。
 しかし、相変わらずコーナーでセンターラインを守らないバカ車が多くて心臓が止まりそうになること2回、うち1回は携帯で話しながらの運転で、普段温厚な、子猫のような性格のぼくちゃんでも
「おんどりゃ!なにさらしとんじゃ! ボケ!! 殺す気か!」
などと、今まで福岡と大阪のディープサウスと東京で
「yamatonおぼっちゃま」
などと呼ばれ育ち、学校では
「御機嫌よう」
と挨拶し
3時のおやつは
「かっぱえびせん」
などという庶民的なものはみたこともなく、
「文明堂のカステラ」か
「モロゾフのプリン」か
「千疋屋のフルーツ」か日替わりで出てきて、
晩飯などという汚い言葉は使わず
「ディナー」と言うように指導されていた私が
生まれてこのかた、口にしたこともない大阪罵倒語を
ヘルメットの中でつい叫んでしまうぐらいでしたよ。 

ホンマ腹立つ! 
もとい 
本当に怒っちゃうぞ僕ちゃん。
というわけでいつものセブンイレブンでの写真

Simg_3419

肝心のブレーキですが、すこぶる調子がよいというか元にもどった感じです。
ブレーキピストンのアルミ化が効いて走りも絶好調  って何グラムかの違いが俺に判るわけ無いです。自己満足です。

もっとも問題の「ブレーキ鳴き」はおさまりましたからOKです。

次は、タイヤがヤバイです。(≒財布がヤバイでして・・・)
銘柄は、今回もピレリのディアブロロッソコルサにしようと思って居るのですけど、これから物色するかな・・・(ロッソコルサも7000km弱保ったので優秀だし)

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

リアブレーキ オーバーホール その2

というわけで、リアブレーキオーバーホールに使ったパーツ一覧。

1.キャリパー関係 
基本的にキャリパー廻りのパーツは全てHONDA 三代目NSR250(形式MC21)用です。
HONDA 純正部品
(45203-MG3-016)
備考 プラグ,ピン

HONDA 純正部品
(43112-KT7-761)
備考 リテーナー

HONDA 純正部品
(43108-KT7-761)
備考 スプリング,パツド

HONDA 純正部品
(45215-KA3-732)
備考 ピン,ハンガー

HONDA 純正部品
(06451-443-405)
備考 シールセツト,ピストン

HONDA 純正部品
(43107-MCJ-006)
備考 ピストン
↑コレがアルミピストンです。


2.リアマスターシリンダー関係

1)マスターシリンダーリペアセット
デイトナ製
 NISSINニッシン 【NISSINマスターシリンダー用補修部品】 マスターシリンダーリペアキット
キット内容:ピストン×1、プライマリー&セカンダリーカップ×各1、ブーツ×1、スプリング×1、サークリップ×11/2インチ専用標準/ショート共通 (23655) 汎用
2)油圧スイッチ (純正品の配線がちぎれてたので交換)
アクティブ製
 AC PERFORMANCE LINEACパフォーマンスライン プレッシャースイッチ(シングル)
ボルトピッチ:P1.25素材:アルミカラー:ガンメタ (1490606)

3.フロントキャリパーピン

オシャレにSUS製(ステンレス製)に交換してみた。
DRC ステンレスブレーキピン リプレースメントパーツ
39mm C-タイプ入数:1本 (D58-33-093)
 
作業にあたってあまり写真を撮らなかったので細かくは書きませんけど・・・
リアのマスターシリンダーリペアセットで使えるパーツはスプリングとオイルシール×2だけですのでご注意を・・・・
これらをキッチリと組み込んでいきます。
(作業自体は難しくはないですけど、重要保安部品なんで手を抜かないように作業しましょう。)
そしてブレーキオイルを入れてエア抜きして作業終了です。
今回、交換した部品とそれに対応したパーツNo.とか名称です。(写真は交換された部品達(旧品です)

Simg_3407

そんでもって今朝、試運転しようとしたけど起床に失敗。 試運転は来週以降に持ち越しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

リアブレーキ オーバーホール その1

 リアブレーキのパッドを交換してからブレーキ鳴きするようになってだんだん酷くなってきたので本格的にO/Hすることにしました。

 部品としては、本田のNSRの部品流用ができるので、とりあえず必要なパーツを拾い出し発注。 ついでにブレーキピストンをアルミのやつに変えて軽量化を図ってやりました。
まあ、部品は手で持ってやっと判る程度の軽量化なんで大したことはないです。
(ワシが一食、飯抜きにしたほうがよっぽど効果があります。(笑))
そしてさらについでに、リアブレーキの油圧スイッチが断線してたのでついでに、社外品で発注。
そこまでやるならリアマスターもオーバーホールしてやろうとリペアキットを購入。
そんじゃフロントもいじってやろうと、けっこうガタガタになってたフロントのパッドピンも社外のSUS製(ステンレス製)のものを購入。
いやあ インターネットは恐ろしい!
で購入した部品の数々(パーツの部品番号等は組み立てて問題ないことが判ってから記載しますのでたぶん次回になります。)

Simg_3319_2

Simg_3341

そして、台風接近のニュースが流れる中、8月9日土曜日の午前中にビューエルからリアブレーキ回りを外し、分解したのだ。

Simg_3380

ここまで、済ませばあとは夏休み中にクーラーの効いた涼しい部屋でじっくり組み立てればバッチリの予定です。(同居人のイヤな顔が目に浮かぶのだが)
そしてリアキャリパー廻りが無くなりすっきりしているビューエルです。

Simg_3385

次回につづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »