« 10月25日 蕎麦食いソロツー その1 | トップページ | 10月25日 蕎麦食いソロツー その3  大惨事・・・ »

2014年11月 2日 (日)

10月25日 蕎麦食いソロツー その2 (S20Evoインプレッション)

前回の続き・・・

 かきあげそばを食べて身体を暖め、さらにビューエルのほぼ空になったガソリンタンクを満タンにし(11L近く入った・・・)再スタートですが、ここからのルートは


その1:松本で先に蕎麦を食べてからビーナスラインを走って帰る。
その2:先にビーナスラインを走ってその後、松本に出て蕎麦を食べる。


の2ケースでして、それなりに悩んでいたのですが、さっき食べたかきあげそばがまだまだ腹の中に残っているのでその2を選択しました。(結局 いつもと一緒じゃ)


 甲府盆地から八ヶ岳裾野の高原の新鮮な風を感じて走った中央高速とも諏訪I.Cでお別れで、このあとはR152(大門街道)へ入って白樺湖経由でビーナスラインに入るというまたもやいつもと同じ王道ルートであります。


 大門街道は近年のバイパス開通によって道の雰囲気が20年前とだいぶ変わって来てますので、諏訪よりは見覚えのある道って感じを受けないことも多いのですが、白樺湖周辺まで来るとはあまり変わっておらず安心しますねえ。


 10月25日の白樺湖周辺は紅葉がすばらしく、止まって写真を撮ろうかと3回ほど思ったのですが、思ったよりファミリーカーが多くてこのままチンタラしてたらビーナスが楽しめないのでなるべく早くビーナスラインを駆け上がろうという気持ちが勝ってしまって写真は撮らずです。(今考えれば、勿体なかったなあ・・・ホントにすばらしかったです。)
 

 白樺湖を過ぎて左折してビーナスラインへ突入です。
ちょっと寒かったけど、いつもながらすばらしい天気で(ってここまで来る時は天気の良い日しか選ばないけどね)その上、狙い通り比較的ファミリーカーが少ない時間帯に入れたので、それなりにクリアラップが取れました。
 
ここで
今回の主題その2である「ブリジストン バトラックスS20Evo」のインプレッションであります。



===ここからタイヤの話===
 こないだも載せたけど、イタリアのレースライダー、世界最高の人気を誇る恐るべき35歳、バレンティーノ ロッシ選手がイタリア訛り英語でしゃべっているブリジストンS20Evo(ロッシは「S20いぼ」って言ってる)のプロモーションビデオです。
(このビデオ見ると、発音なんてどうでもいいんだ!って元気がでます。)
まあ、オレの友達のV.ロッシは色々言ってるけど私のインプレッションを書きますね。
1.タイヤがたぶん小さい。

 タイヤを入れ替えてすぐに書きましたけど、明らかにピレリより外形が小さいですね。
とくにリア。 足つきが良くなったのは嬉しいけど、バイクの姿勢が以前より後傾姿勢となってしまいました。 サスのリセッティングが必要でしょうね。
(そういう意味では今回のインプレッションはセッティングが合ってないという前提でお読みください)

2.タイヤの温まりが早そう。
 
 なんか、朝の走り出しとか長い休憩の後とかタイヤが冷えた状態でも、乗っててゴムが固いようなグリップしない感覚があんまり無いんですよね。 温まるのが早いのか温度低くてもグリップがいいのか(温度依存性が低い)判りませんが、特に寒いときは有り難いことです。

3.タイヤの断面形状が緩やか・・
 
 タイヤを切って断面を比べた訳ではないですがピレリと比べるとメーカーの思想違いかピレリよりブリジストンの方が「丸い」ような気がしますね。 
 倒し込みが明らかにマイルドに感じます。

4.鋭くない
 
 3項とも関係するのですが、タイヤ形状だけではないと思うのとサスセッティングが合っていないのでなんとも言えませんが、ピレリに乗ってたときみたいにまっすぐ突っ込んでいって一気に倒すというコーナーリングをやると曲がれません。 アンダーに感じちゃいます。
 どちらかというとブレーキを引きずりながら、コーナーに入ってバンク角を付けてしまって(倒し込んで)曲がるタイプのようです。
(いま思ったけど それってMotoGPとかの曲がり方じゃん オレには出来ねえぞ)

5.フロントグリップ感が有る。
 
 上記のような乗り方をする前提の設計なのか、フロントの接地感というか粘り着く感はかなり感じます。 ピレリ入れたときも接地感は良かったのですがさらに粘り感がありますね。 ビューエルは非常にフロント側のセッティングがシビアなのですが不安感はなくバンクが付いた状態でも非常にグリップがいいですね。
ちなみに、空気圧はF2.5kg/cm2G R2.8kg/cm2G といったところでのインプレッションです。

まあ、あとは来年の春からサスのリ・セッティングを行ってからの評価でしょうな・・・
ピレリを履いたときのような「おお 乗りやすくなった!!」って感動は無かったですけどいまのところ悪印象もありません。 というか少し乗り方変える必要があるかも・・・
耐久性がどうなのかはまだわかりませんが少なくとも悪いタイヤではないと思います。

===タイヤの話 終了===
そんで、ツーリングの続き
ビーナスラインを駆け上がるわたくしは美ヶ原高原美術館を目指しつつ
途中の大展望台・三峰茶屋(標高1764m) (地図の「15」のところ)で


より大きな地図で ビーナスライン絶景 ドライブガイド を表示
こんな写真を撮ってたのです。このあと大事件が起こることも知らずに・・・

Simg_3524


次回に続く・・・・・

|

« 10月25日 蕎麦食いソロツー その1 | トップページ | 10月25日 蕎麦食いソロツー その3  大惨事・・・ »

05 バイク (一般 ツーリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/60579430

この記事へのトラックバック一覧です: 10月25日 蕎麦食いソロツー その2 (S20Evoインプレッション):

« 10月25日 蕎麦食いソロツー その1 | トップページ | 10月25日 蕎麦食いソロツー その3  大惨事・・・ »