« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月23日 (日)

表紙を替えて・・・

HPの表紙を替えたよ。 アンディ ウォーホル風味です。

S

↑これの元写真はビューエルのエンジンカムカバーのアップです。
そんでもって、しばらく更新出来ません。 明日から南北米大陸に出張であります。
ではでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

USB電源取り出し (補助電源カプラからの取り出し)

 11月です。寒いですが、昨日、今シーズンラストロングツーリングに行ってきました。

Simg_3595

でも今日は先日取り付けたUSB電源取りだしの詳細を書きます。

(最後にUSB電源取り出しのインプレッションと一緒にツーリングの事も書きますね)


 既にビューエルには、USB電源は取り付けていたのですが、iPhoneで本格的にナビ運用しつつ、Bluetoothで音楽を聴いていると電源容量が足らず、徐々にiPhoneのバッテリーが減ることが判明。 
 ということでバイク用の大容量(電気容量的にね)のUSB取り出しとして選んだのがキジマのこれ

Kj304622

名称はUSBポートKIT  ハンドルクランプタイプ 型式は304-622です。 
リンクはこちら http://www.tk-kijima.co.jp/prokiji304_usb.htm  (ページの真ん中あたりにあります。)
作業その1
電源の取り出し(接続)
 このUSBソケットは電源供給時に青色LEDが光るようになってます。 ということはバッテリーから直で電源を取るとバッテリーが上がってしまいますので、どこからかキーと連動する電源を取り出さねばなりません。
 今までのUSB電源では、ブレーキ灯に電源を供給しているラインに割り込んでいたのですが、線が細くて心許ないとのとビューエルには、前面のカウルに補助電源か来ています。

Photo

フロント12V補助コネクターと書いてあるところで、フロントのバイザーをはぐると灰色のコネクターがブラインドコネクターでふさがれた(どこにも配線が繋がっていない状態)で出てきます。

Simg_3571

↑これです。 線の繋がっていない側を外して利用します。
このコネクター(カプラ)はネットを駆使して色々調べた結果、住友電装製のTS防水シリーズであることが判明しました。(品番押せばリンクに飛びます。)
具体的には
オス側(M側) 品番6188-0108 
メス側(F側) 品番 6189-0199
です。 
ここまで判れば、あとはカプラの中の端子を購入して配線をつなげば電源取り出し完了となります。
 ブラインドコネクターはM側ですので住友TSシリーズ用2.3mm(呼びサイズ090)オス端子を購入することになります。 このとき防水ゴム栓も一緒に購入することを忘れずに・・・
 私はamazonで探して購入しました。下記です。
 

090型TS【防水】オス端子/M090WP-TS

あとは圧着工具でプラス(赤)マイナス(黒)間違えないように向きを確認しながら配線を接続していきます。
 防水ゴム栓(ワイヤーシール)を先に入れてから端子を圧着しましょう。

Simg_3574

そしてカプラ側の白い部品をラジペンで引っ張りだし、端子をカプラに入れて白い部品を元通りに押し込めば完成

Simg_3572

Simg_3576

ゴム栓がちゃんと入ってませんが、このあと押し込みました。

作業その2

USBソケットの取付

 実は最初はハンドルバーに取り付けようと思ったのですが、スペースがないのです。
私はハンドルのプレースバーの部分にナビバッグを巻き付けて取り付けるタイプのもの(こういうやつ)を使っているのでUSBソケットが取り付けることができないのです。 それにキジマのUSBソケットがそれなりにゴツイので美しくありません。

 で先日取り付けたカウルにドリルで穴を空けて取り付ける事に・・・・

Ssimg_3506

イイ感じでしょ。

その3 動作確認

作業そのものは道具と部品さえ取りそろえておけば、それほど難しいものではありません。

 ですから、作業が終わってキーをONにすれば簡単に青色LEDが光るはず・・・・・
キーをONにしました・・・・・・

むむ

むむむ

青色LEDが光らない! (青字で書いてみました。)

 

ここから、テスター片手にあちこちをあたること1時間。 全く埒があきません。
導通はあるし・・・暗くなってきたので、次週に作業を持ち越しすることにしたのです。

翌週は会社の行き帰りに配線図を見たり、電気に詳しい高校時代からの友達にLINEで聞いたりしていたのですが、どうにも原因が不明です。

で次の日曜日リレーを入れ替えたりしたのですが全く状況に変化無し。 トホホ状態です。

でもふと思いついてエンジンを掛けて、電圧を測ったら

出てるじゃないの14V・・・

というわけでビューエルの補助電源はエンジンを掛けないと電圧は出ません。
皆さん、同じ失敗をしないようにね。

でインプレッション

11月15日 この秋、最強の寒気団が南下する中、奥多摩へ向かい、そこから勝沼に抜けて「ほうとうを食べようツアー」に行ってきました。USB電源取り出しに関しては目的のiPhoneでカーナビを使いながら、音楽をBluetoothで聴いてもバッテリーチャージをするという事には満足です。 大丈夫でした

使い勝手面では、ゴムの防水キャップの着け外しがが異常に固いです。
私はシリコンスプレーを軽く吹いて、滑りをよくして事無きを得ました。

それでツーリングの話

「ほうとう」はうまかったけどかなり量が多いのと、どうもカボチャが少なく「正当派ほうとう」ではなかったようですけど・・・・・私は生まれて初めてほうとうを食べたので良く判りませんでした。 旨かったですけどね。 身体も暖まったし

かなりの量だったが完食してやったぜ!

1416127759jjdfh9r9a5eiiqg1416127757

寒くなってきたので、今シーズンも終了かな・・・

来週から海外出張だし・・・・

おしまい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

KTMの試乗会に行ってきた。(690DUKE RC390) 船橋オートレース場

船橋オートレース場で開かれた KTM ORANGE CARAVANに行ってきました。

天気予報があまり良くなかったので、行かないでおこうと思ったのですが、家の二人(妻と娘)が船橋ららぽーとに行くと言い出したので、ここは良い父親のふりをして
「じゃあ、ららぽーとまでクルマで送ってあげるよ。 ゆっくり遊んでおいて!!」
とまったく裏の意図を読ませない営業スマイルで二人をだまし、まんまと家のクルマで高速代も家計持ちで船橋まできて、ららぽーとで二人をドロップして、会場の船橋オートレース場に着いたのが、朝10時・・・

雨の予報が効いてか比較的人が少なく、こんな感じでした。

Simg_3585

早速、主目的のRC390の試乗申込みを行ったのですが、RC390は大人気のようで、試乗時間が10時55分とのこと。
 オートレースに来ているおっさん紳士達と1時間も待つのはいやなので、以前、試乗しそびれた690DUKEを申し込んだら、10時30分には乗れるとのこと。早速申込みを済ませて、オートレース場の小汚いおもむきのあるトイレにいき、展示してあるバイクを見てたらすぐに10時30分になって、早速試乗です。
690DUKEというバイクはこれです。

1001698

KTMのHP 690DUKE

モタードというかオフロード車っぽさがのこったバイクです。 でもシングル(単気筒)とかツイン(二気筒)が好きなオレにとっては、690CCの単気筒は一度は乗ってみたかったんで、ちょっと期待しながら試乗です。


試乗コースはオートレースのオーバルコースで、外から入ってきて少しずつ内側に入ってパイロン仕立てのクランクを少し走るというコースで時間的には恐らく3分ぐらいな感じですかね。

でも、外周から入るときにはそこそこスピードがでるのである意味、市街地での試乗よりいいかも・・・・

で690DUKEの感想ですが・・・箇条書きしちゃいますと

・思ったより足つき性良かったです。(助かった) ビューエルXB9SX(2010)と変わらないです。でもビューエルより車重が軽いので(たぶん40~50キロ違う)圧倒的にラクでした。

・ポジションはネイキッド的ではなく、オフロード車っぽいですね。

・エンジン クランクのマスがあまり無い感じで元気よくビュンビュン廻ります。 昔っぽい単気筒を求めている人は期待外れだと思います。

・2速ぐらいでアクセルをワイドオープンすると前が浮こうとしますね。 全開にしたりはしてないのでたぶん実際には浮いてないのでしょうけどオフロード的な乗車姿勢で思ったより身体が後ろに行ってしまう感じがします。 少し前傾にすればあまり問題ないのですが、身体を伏せるのを忘れると少し怖い思いをします。

・4000rpm以上ぐらい廻してダッシュさせると気持ちいいですねえ。

乗車姿勢に慣れれば面白いバイクかも・・・

次は本命のRC390です。 390といっても実際には375cc 昔乗ってたSRX400よりも排気量は小さいですけど、馬力は44PSだし、さらに車体が150キロぐらいととても軽い。 足つきもバッチリです。

Simg_3587

KTMのHP RC390

 先導車のすぐ後ろで、先導車の方がそこそこ良いスピードで引っ張ってくれたので楽しかったです。 (そのせいで私の後ろは思いっきり離れてしまいましたが・・・)

感想は羅列します。

・小さい 400ccクラスとは思えないです。 RC125とフレームは基本的に共用だから当たり前だけど、この小ささがいいね。

・前傾はそれほどきつくないです。 最近の流行でハンドルの取付はわりとワイドな感じ(大きく前に広がってる感じ)

・エンジン これもモダンなエンジンでクランクマスを感じさせずに廻るエンジンです。ピックアップも良いです。(シングルにしては・・ですけど)

・シャーシ カッチリしてるねえ。 私はこの程度でもカッチリしていうように感じますよ。

・さすがに690DUKEと比べるとパワーはないですけど、高速でツーリングでもしない限り、逆に下道で千葉みたいなところだとちょうど良い感じ。

・小さめのサーキットに持ち込んでみた~~い。

というわけで千葉スペシャルとしてとても欲しいです。 狭いサーキットなら、会社の先輩の1000ccSSにも勝てるかもしれません。

だれかオレに75万円ちょうだい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

10月25日 蕎麦食いソロツー その4 蕎麦食って帰る。

前回の続き・・・

ちゅうことでなんとか山を下り、松本で蕎麦を食べます。 
今回のチョイスは
です。
なかなか、良さそうでしょ。
でも問題はメガネでありまして、ヘルメットかぶっている間はまだいいのですが、ヘルメットを脱ぐとメガネが上手く固定出来ないのです。
ほんと久しぶりに裸眼で食うしかないな・・・と
でチョイスした蕎麦は
三種類そばセットであります。
手挽十割そばと大名そば(更科)と手挽き粗挽きそばの三種類セットです。
セットの場合は写真のように、漬け物(この物体は野沢菜と思われるが良く判らん。オレ漬け物大嫌いなんです)+そばがきの吸い物がでてきて、ここに一種類づつそばが提供されるというシステムです。

Simg_3537

最初に、
手挽十割そばです。

最初は「塩」で食べて蕎麦の香りを味わってくれとこと。 最初は塩を軽く振りかけたのですが、おれはそのまま塩も付けないでプレーンで食べるのがさらに旨いと思いました。 香りも引き立つし・・・(しかし、なんでも塩で食べる流行はどうかと思うよ・・・ 塩って少量でも結構キツイからな)
 蕎麦の香りという面ではかなりなものです。

Simg_3538

またもや、食べ始めてしまった写真。
次は
大名そば(更科)
であります。
江戸時代の大名やらお姫様が好んで食べたそうで、この名前になったとのこと。
こりゃ、のどごしとつけ汁を楽しむ蕎麦ですな。
当然ながら、ほとんど蕎麦の香りがしません。 

Simg_3539

こいつは食べ出す前に撮影成功。
最後に
手挽き粗挽きそば であります。
まあ、普通の人が普通に信州に期待する蕎麦ですねえ。
それほど、舌の肥えてない私にはこれが一番美味しく感じました。





ゴメンナサイ

手挽き粗挽そばは写真撮り忘れです。
ということで、全体的にはなかなか満足でレベルも高いと思いましたが、おれのバカ舌では今年の春に行った店のほうが好きです。(キッパリ)

 このあとはメガネを気にしつつ中央高速を走って自宅に戻ったのですが、途中、
「助手席に補助ミラーが付いて」て
「ヘルメットをかぶったおっさん二人」の
「黒クラウン」
↓ これです。

K0000451837

を思いっきり抜きそうになり、激しく減速したり、
 裸眼でサービスエリアをウロウロし、時々ロッテンマイヤ-さん風メガネを取り出しJTのキャンペーンガールをガン見という怪しい行動満載の帰路でありました。
総括
メガネが壊れなきゃもっと楽しかったんだけどね・・・・
これでソロツーの連載 おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

10月25日 蕎麦食いソロツー その3  大惨事・・・

前回の続き・・・

で何が起こったかというと・・・

ヘルメットをかぶろうと、バイクのシートにメガネを置いたときに強風が吹いてきてメガネが飛ばされ、シートから落ちそうになったので、「あっ」と押さえたら、力の入り方が悪かったのか「バキッ」という音とともに・・・

Simg_3526
こんなことに・・・・・
そうです。メガネの左側のツルが折れたのですよ!!!
わたしゃ、メガネがないと全く運転できないぐらいの近眼なんです。 ヤバイっす。

ツルがない状態でメガネをかけるというのは
イメージはこんな感じなってしまうのですけど 
(ロッテンマイヤ-さん (byアルプスの少女ハイジ)

1314115461

 でも日本人のおれには、西洋人のような高い鼻がないので鼻眼鏡はムリっす。

ということで、途方に暮れましたよ・・・


だって裸眼で単車に乗るなんて、生まれてこのかたやったことが無いのです。 
道の荒れ状態も全く見えないのでとても飛ばせないし・・・こりゃ山を下りるしかない・・でもバイクを置いて帰る訳にもいかず、どうしてもバイクで帰らなきゃしょうが無いので、
「えい ままよ!!」  と
ヘルメットをかぶって、片ツルメガネを入れたら、
「うん・・・・・ツルがヘルメットのインナーで固定されてなんとかなりそう」
って感じです。
まあ時々メガネがずれて視界がへんなことになるのですが(ドリフターズのコントでカトちゃんがメガネ掛けて爆発したあとの状態(爆))飛ばさなきゃ十分走れそうなので、美ヶ原高原美術館に向かうことにしました。

 どうせ飛ばさないので、婆さん おばあさまのチンタラ運転 エコ運転 に付き合ってゆっくり山を上り、いつものソフトクリームを食しました。

Simg_3525

ピンが合ってませんが、裸眼で撮ったのでご容赦を・・・・
そして一休みした後、メガネも運転中はなんとかなりそうなので、松本に向けて山を下ることにしたのです。
次回に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

10月25日 蕎麦食いソロツー その2 (S20Evoインプレッション)

前回の続き・・・

 かきあげそばを食べて身体を暖め、さらにビューエルのほぼ空になったガソリンタンクを満タンにし(11L近く入った・・・)再スタートですが、ここからのルートは


その1:松本で先に蕎麦を食べてからビーナスラインを走って帰る。
その2:先にビーナスラインを走ってその後、松本に出て蕎麦を食べる。


の2ケースでして、それなりに悩んでいたのですが、さっき食べたかきあげそばがまだまだ腹の中に残っているのでその2を選択しました。(結局 いつもと一緒じゃ)


 甲府盆地から八ヶ岳裾野の高原の新鮮な風を感じて走った中央高速とも諏訪I.Cでお別れで、このあとはR152(大門街道)へ入って白樺湖経由でビーナスラインに入るというまたもやいつもと同じ王道ルートであります。


 大門街道は近年のバイパス開通によって道の雰囲気が20年前とだいぶ変わって来てますので、諏訪よりは見覚えのある道って感じを受けないことも多いのですが、白樺湖周辺まで来るとはあまり変わっておらず安心しますねえ。


 10月25日の白樺湖周辺は紅葉がすばらしく、止まって写真を撮ろうかと3回ほど思ったのですが、思ったよりファミリーカーが多くてこのままチンタラしてたらビーナスが楽しめないのでなるべく早くビーナスラインを駆け上がろうという気持ちが勝ってしまって写真は撮らずです。(今考えれば、勿体なかったなあ・・・ホントにすばらしかったです。)
 

 白樺湖を過ぎて左折してビーナスラインへ突入です。
ちょっと寒かったけど、いつもながらすばらしい天気で(ってここまで来る時は天気の良い日しか選ばないけどね)その上、狙い通り比較的ファミリーカーが少ない時間帯に入れたので、それなりにクリアラップが取れました。
 
ここで
今回の主題その2である「ブリジストン バトラックスS20Evo」のインプレッションであります。



===ここからタイヤの話===
 こないだも載せたけど、イタリアのレースライダー、世界最高の人気を誇る恐るべき35歳、バレンティーノ ロッシ選手がイタリア訛り英語でしゃべっているブリジストンS20Evo(ロッシは「S20いぼ」って言ってる)のプロモーションビデオです。
(このビデオ見ると、発音なんてどうでもいいんだ!って元気がでます。)
まあ、オレの友達のV.ロッシは色々言ってるけど私のインプレッションを書きますね。
1.タイヤがたぶん小さい。

 タイヤを入れ替えてすぐに書きましたけど、明らかにピレリより外形が小さいですね。
とくにリア。 足つきが良くなったのは嬉しいけど、バイクの姿勢が以前より後傾姿勢となってしまいました。 サスのリセッティングが必要でしょうね。
(そういう意味では今回のインプレッションはセッティングが合ってないという前提でお読みください)

2.タイヤの温まりが早そう。
 
 なんか、朝の走り出しとか長い休憩の後とかタイヤが冷えた状態でも、乗っててゴムが固いようなグリップしない感覚があんまり無いんですよね。 温まるのが早いのか温度低くてもグリップがいいのか(温度依存性が低い)判りませんが、特に寒いときは有り難いことです。

3.タイヤの断面形状が緩やか・・
 
 タイヤを切って断面を比べた訳ではないですがピレリと比べるとメーカーの思想違いかピレリよりブリジストンの方が「丸い」ような気がしますね。 
 倒し込みが明らかにマイルドに感じます。

4.鋭くない
 
 3項とも関係するのですが、タイヤ形状だけではないと思うのとサスセッティングが合っていないのでなんとも言えませんが、ピレリに乗ってたときみたいにまっすぐ突っ込んでいって一気に倒すというコーナーリングをやると曲がれません。 アンダーに感じちゃいます。
 どちらかというとブレーキを引きずりながら、コーナーに入ってバンク角を付けてしまって(倒し込んで)曲がるタイプのようです。
(いま思ったけど それってMotoGPとかの曲がり方じゃん オレには出来ねえぞ)

5.フロントグリップ感が有る。
 
 上記のような乗り方をする前提の設計なのか、フロントの接地感というか粘り着く感はかなり感じます。 ピレリ入れたときも接地感は良かったのですがさらに粘り感がありますね。 ビューエルは非常にフロント側のセッティングがシビアなのですが不安感はなくバンクが付いた状態でも非常にグリップがいいですね。
ちなみに、空気圧はF2.5kg/cm2G R2.8kg/cm2G といったところでのインプレッションです。

まあ、あとは来年の春からサスのリ・セッティングを行ってからの評価でしょうな・・・
ピレリを履いたときのような「おお 乗りやすくなった!!」って感動は無かったですけどいまのところ悪印象もありません。 というか少し乗り方変える必要があるかも・・・
耐久性がどうなのかはまだわかりませんが少なくとも悪いタイヤではないと思います。

===タイヤの話 終了===
そんで、ツーリングの続き
ビーナスラインを駆け上がるわたくしは美ヶ原高原美術館を目指しつつ
途中の大展望台・三峰茶屋(標高1764m) (地図の「15」のところ)で


より大きな地図で ビーナスライン絶景 ドライブガイド を表示
こんな写真を撮ってたのです。このあと大事件が起こることも知らずに・・・

Simg_3524


次回に続く・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

10月25日 蕎麦食いソロツー その1

 11月の初めに予定されていた(結局、雨で中止になったんですけどね・・・)職場のツーリングに参加出来ないので、10月25日ソロツーリングに出かけました。

 一人で伊豆方面に行っても何となく楽しくないので、いつものコースで、ビーナスライン→松本で蕎麦を喰らう→帰るのパターンです。
 で10月25日 朝6時の日の出と共に家を出ようと思っていたのですが、何しろ自宅付近の最低気温が10℃以下ぐらいと寒いので、スタート時間を7時に変更です。
その上、ジャケットに冬仕様防風インナーを装着して上下ユニクロヒートテック装備としました。
それでも走り出して高速に入ったらヘルメットの中で叫んだ言葉は
「寒いいいいい」
です。
高速の混雑度合いはそれほどでもなく、順調に湾岸線に入り、虹橋(レインボーブリッジ)経由で「踊る大捜査線」の曲を脳内再生しつつ、首都高四号新宿線に入って出来れば中央道の双葉S.A.まで約200kmノンストップ一気に走ろうと思っていたのだが、寒さ+朝眠気覚ましに入れたスターバックス「ハウスブレンド」ちょっと濃いめ×2が効いたのか、尿意が・・・・
とても我慢できん!!!
首都高の路面の継ぎ目の揺れで
ヤバイ!
このままユーミン(荒井由美)の「中央フリーウェイ」などを口ずさみながら
爺さん お爺さまたちのタラタラ走り エコ運転
に付き合っていると、出してはいけないものを出してしまい大人としての尊厳が崩れ去るので、中央高速の高井戸料金所を通過して、そこから一気に「ぬうわ」ぐらいにスピードアップで「中央フリーウェイ」は♩=200ぐらいで超高速再生であります。
 そんで何とかギリギリで石川PAに滑り込み、私はたくみに革パンのチャックに手をかけながらも何気ないふりでトイレに駆け込み、寒いので苦労しながら取り出し(全国6000万人の女性読者の皆様スイマセン)
ふーーーーーーーーっ
と一息、極楽の時間です。 顔がほころんできてしまいます。
オレ!復活!!
 ここで気合いを入れ直し、今度はちゃんとしたテンポで「中央フリーウェイ」を口ずさみ、むちゃくちゃ天気が良い中、綺麗な富士山を見て双葉S.A.に到着です。

Simg_3521

朝飯は自宅で食べずにでたのと、太陽が高くなってきてるし晴れているとはいえ身体が冷えてきたので、ツーリングの主題である「蕎麦を食べよう」の第一弾として、サービスエリアの暖かいかき揚げそば(580円)を食したのでした。

こちらのそばには富士山の絵を仕込んだかまぼこが載っています。 スープは比較的関西よりで薄め(とは言え関東の濃いのに比べれば・・・の話ですが)でした。
 味はまあ、一般的な駅そばよりはGood! でも値段が580円だからそれくらいで当たり前だよな。と思えるレベルであります。

Simg_3520

珍しく、食べる前に撮影成功。

では続きは次回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »