« ガレージ改善 | トップページ | Street Triple R 電源取り出し »

2015年5月 4日 (月)

サイクルハウス応用型 簡易バイクガレージ その11 天幕張り替え

 連休まっただ中の5月4日です。 今朝は早朝バイクで走ろうと朝5時に起きたら雨でしてバイクは諦めてもう一度寝てしまいました。 起きたら9時です。 晴れてました・・・トホホ

でも時は既に遅し・・今日はバイクに乗るのは止めて、作業実施です。
 先日も少し書きましたが、このとき建てたビニールハウス簡易ガレージ はや4年を過ぎて天幕(テント材)の劣化が激しくなってきました。 真っ昼間に中にいると太陽光が透けて見えるぐらいに天幕シート材料も痩せてきたようですので張り替えを実施しました。
 で、このサイクルハウスの元々の購入元のカインズホームのホームページを見ていたら、張り替え用の天幕シートが出ていることが判りました。
選んだのはこれ
S230
 「高耐久性」といううたい文句で、よく見ると元々建立した(ってオレのバイク小屋はかよ・・・)サイクルハウス本体より高価で、なっなんと\15,800-であります。
本体が骨組み込で9980円だったことを考えると非常に高価です。
でもどうせ張り替えるのなら良いのを買って6年でも持てば・・ということで高級品を選びました。
そして作業ですが作業自体は別に難しいことはありません。
古いカバーをドンドン外して、同じように新しい天幕を固定して行けば良いだけです。
屋根と後ろの幕を外したところ

S237

全部外して骨組みだけ

S238

であとは、新しい幕を張っていくだけです。
後ろと前を先に取り付けて天幕(屋根)は最後に施工です。
ハイいきなりの出来上がり

Simg_3958

呆気なく出来てしまいました。

天幕シートの生地が明らかに前のものより良いです。
知ってる人はしっていると思いますが、業務用で仮倉庫として良く使われる緑テントと言われる大規模な奴に良く似た手触りのシートです。

ホントの耐久性は使ってみないと判りませんが、今のところ\15,800でこの感じであれば納得ですね。

このサイクルハウス応用の簡易バイクガレージは、単なるバイクカバーだと7,8千円の高級な奴を使っても2,3年しか持たないことを考えるとコストを鑑みても非常に優秀です。
明らかに、カバーよりバイクの発錆も少ないですからバイクの保存状態は単なるカバーよりずっと上です。

このページを見てサイクスハウス応用簡易バイクガレージに興味を持った方は
本ブログの左カラム「ガレージ、工具」のカテゴリーを見ていただけると最初の製作工程から書いてますのでぜひそちらから読んでみてください。

では
次回は恒例、職場の春のロングツーリングに向けてSTR(StreetTripleR)のちょっとした改造です。

|

« ガレージ改善 | トップページ | Street Triple R 電源取り出し »

07 ガレージ 工具 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209118/61537875

この記事へのトラックバック一覧です: サイクルハウス応用型 簡易バイクガレージ その11 天幕張り替え:

« ガレージ改善 | トップページ | Street Triple R 電源取り出し »