« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月13日 (日)

西へ 大きな島へ 2

ルートが決まったので、準備である。

今回は以前から欲しかったツーリング用のシートバッグも含めて少しお金をかけてみた。
で買ったのは下記のもの
1.シートバッグ
 色々ネットでさがしたけど、コレがよさげだったのでポチッと購入。
バイク用品の老舗、TANAXのMOTOFIZZブランドのシートバッグである。

Mfk101_01

名称は

フィールドシートバッグ

って太字で書くほどの事ではないのだが(笑)
要領は39~59Lで可変式、横に少し大きくできるのです。
これなら、お土産買っても有る程度対応できるし、さらにサイドバッグが使いやすそうな感じでして・・・
実際にも4泊ぐらいまでのツーリングなら十分対応できるし、いろいろ細かいところもバイクでの使用を考えてあってなかなか使いやすかったですよ。
お奨めです。
2.メーターバイザー
 これは別に、ツーリング用という訳ではないのだが、どうにも純正のメーターバイザーが気に入らないし、前に試した純正のメーターバイザーの上部を延長するタイプもイマイチ格好良くないので、変更することにしました。
選択したのはこれ

5658f

 Puig(プーチ)の形式No.は5658です。
 どうも2015年式のStreet Triple Rには公式には対応していないようなんですけど、2014年式までとヘッドライト廻りの造形は同じなんでいけるだろう!という見込みでポチッとしました。
 実際に特に取付に問題無しでした。(保証はしませんよ。真似される方は自己責任でお願いします)
 効果としては、純正のメーターバイザーより少し上部が長いので防風効果は上ですね。
胸のあたりまでの風圧がかなり下がります。効果は「ぬうわ」ぐらい出すと顕著です。
3.スロットル固定器(スロットルロッカー)
 バイクで長距離を走ると意外に疲れるのがアクセルをつかむ右手から右腕なんです。
特に、高速道路で一定速度で走り続けると非常につらいです
そこで普通は手の親指の付け根あたり(母指丘)あたりで押してつかう下のスロットルロッカーをつかいますが、これはこれで結局アクセルから手を離せないので意外に疲れるのです。

Img10422135491

そこで今回は下記のタイプを導入してみました。 これなら右手を完全にスロットルから外せるし・・・

51n0o9pzwxl

 見ての通り、アクセルが戻らなくなる棒です。 アクセルが戻らない=危険な香りがしますが、棒のアクセル部分を挟んでいる部分は、力を入れると廻るぐらいの力でしかなくアクセルを少し力を入れて戻せばもどる構造になってます。
 
 なんかオートクルーズできそうな感じがするでしょ。

安心してください!
無理です。
(流行語大賞をフォロー)
この装置はアクセル開度が一定になるだけですので、道路のアップダウンによりバイクのスピードは大きく変化します。
 予想以上にスピードの変化が激しいので注意です。特に下りはドンドン加速して行きますからね。 怖いっす。
新規購入品の話はここまで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »