« 2016年2月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年4月

2016年4月20日 (水)

西へ 大きな島へ 11

足摺岬をあとにして、四万十川名物「沈下橋」を見にいくことに・・・・

沈下橋の説明はこちらで
取りあえず、一番近い佐田沈下橋に向かいます。
しかし、この日は天気が良くて素晴らしい日でした。(暑さは除く)
到着です。

Simg_4446

夏っぽい写真でしょ。
そして四万十川

Simg_4431

なんだかボーッとしたい感じでしたが、四万十川の上流に向かっていくことにします。
川辺でボーッとしている分にはあまり気にならないのですが、バイクで走り出すとほんとに暑くて・・・
そしてたどり着いたのが、なんと日本一暑い駅 江川崎駅です。

Simg_4483

Simg_4474

Simg_4480

暑いわけです・・・・
ここらで午後1時過ぎだったのですが、四国に来たのでやっぱり「うどん」を食べたくて高知市内に向かいながらうどん屋を見つけようとするのですが、何しろ山の中なのでなかなか見つからず、とうとう高知市内の国道33号線まで何も食わずで走ってやっと国道沿いに「うどん」の文字を発見
どうも駐車場にクルマが少ないのですが、もう3時前でお昼時を過ぎたからだろうとバイクをおいて店に突撃!
すると店のオヤジが
「きょうはもう終わりだよ」と非情な言葉を
「ここらのうどん屋はもうみんな閉まってるよ だいたい2時半で終わりだから」
四国のうどん屋というのは朝は早いけどその分閉店時間も早いらしいのです・・・
トホホであります。
もうお昼は食べないことにして、これを飲んでホテルに向かうことに

Simg_4485

そして予定より早めにホテルに入って街に繰り出すことに・・・・
思ったよりしょぼかったはりまや橋

Simg_4487

Simg_4486_2

この日は昼飯を抜いたのもあり、豪勢に寿司屋で寿司を摘まみつつ、ビールと日本酒でほろ酔いになり、ネットで近くのオーセンティックバーを探して、1人でモヒートで乾杯です。
疲れた身体に南国で飲むモヒートが浸みます。

Simg_4490

そして宿に戻り、心地よい酔いで夢の中へ入ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

西へ 大きな島へ 10

ずいぶんとご無沙汰してしまったのです。

言い訳としては仕事が忙しかったんですよ。 仕事があるのは有り難いことですが、休日出勤が結構多くてですね・・・・(以下愚痴省略 (笑))
というわけで続きです。
なんとかかんとか、高知県四万十市中村の宿に入ったおれは、近所の地元チェーン店系の
レストランで晩飯を済ませ、とっとと寝ます。
そして8月13日(木)である。
前日までと違って、素晴らしい晴天で、暑さに先が思いやられつつ、今日の最大の目標地、
足摺岬に向け出発です。 今日はここに行ければあとは、沈下橋を見てボチボチ高知市内を目指すだけというお気楽設定でして・・・・
盆休みの朝なのに白黒のクルマがやたらとウロウロしているなか、完全に遵法で足摺岬に到着!
当然、生まれて初めての足摺岬でして・・・・観光客と化します。写真を取りあえず

Simg_4393

向こうに見えるのは中浜万次郎(ジョン万次郎)の銅像。
↓これが中浜万次郎だ!!

Simg_4392

そして太平洋ぜよ!!

Simg_4398

なんか、見てるだけで大きな人間になれた気がしてきます。(なってませんけど)
そして、一箇所だけは行こうと思っていた四国八十八箇所の寺ですが、足摺岬に
38番金剛山寺!があるので
ここでやっと写真を撮ることに・・・ ホントは水曜どうでしょう 風に撮影したかったのだが・・・
1.観光客が多くて無人のシャッターチャンスがほとんど取れない。
2.iPhoneのセルフタイマーのタイミングがイマイチ掴めない。
3.お遍路装束ではない

3566

4.そして何より衆人環視の中「大泉洋」の真似はあまりに恥ずかしい
という理由で撮れたのはこの程度。

Simg_4424

ジャケットのチャックを触っていたらシャッターが切れてしまいました。
恥ずかしいのでそうそうに金剛山寺を後にして、昨日天気が悪くていけなかった四国名物沈下橋に向かうのです。
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年12月 »