カテゴリー「06 車(プジョー ボルボ etc..)」の49件の記事

2014年7月12日 (土)

最近発生したこと・・・・・トラブル

ご無沙汰してます。 相変わらず仕事が忙しく土日にPCに向かう気になりません。

というわけで、書く気にはならないけど書くと有る程度長くなる事を記録という意味も含めて最近発生したことを書いておきます。
1.ボルボV50 雨漏り
えーーーーーーーって感じですよね。 今時のクルマで雨漏りなんて・・・・
原因はフロントガラスの接着不良(昔みたいにゴムで固定しているわけではなく接着材でくっつけて有るだけなので接着材が剥がれてくれば雨漏りするのだ。
剥がれた場所は運転席上部側で、発見したときはどこから洩れているのか判らなかったのですが、たまたま高速を「ぬふわ」㎞/hr程度で走っているときにフロントガラス上部から
ピュ~~~ってすきま風の音が・・・
指でガラスを押さえたら、ピタッと音が止まったのでコレが原因なのが判りました。
で雨漏りはこの季節のせいもあって程度が酷く、運転席の床に水が溜まってしまうぐらいの状況になってしまったのでした。
ディーラーに持って行って保証期間なので無償修理をしてもらいましたが・・・
少し気に食わなかったのは
クルマを預けるときに
「床に水が溜まるぐらいになったので室内フロアの乾燥はしっかりやってね」
って言って、
受け取るときも
「ちゃんと乾燥させたよね」
と確認して
ディーラー側は
「はい大丈夫です」
って答えたので、過去の対応の良さから大丈夫だろうと状況確認せずに乗って帰ってみたらカーペットの下が結構まだ「しっとり」していて乾いてなかったことですね。
ディーラーに預けた期間も短かったのでディーラー側も正直に
「時間が短かったのでまだ少し乾いてませんが、クーラーをかけて運転したり天気の良い日に窓を開けておいておいて貰えれば乾きますので・・・」ぐらいの説明があればおれもメーカーの人間なんで納得したのですけどね。
俺はエンジンの事とかクルマのことを全く知らない人ではないので、
原因と対策と現状をキッチリ話をしてくれればそれで良いのです。
(逆に、普通の整備の時にクーラントの役割説明とかエアクリの意味とかを長くやってもらう必要はないですよ)
まあ、今回、クレームは付けなかったけど、次回からはキッチリ確認してやろうと思ったのでした。
2.ビューエルのリアブレーキが鳴いている。
「雨に泣いている」(柳ジョージとレイニーウッド)
ではなく、ビューエルのでリアブレーキがキーキーと鳴いているのです。
 一度、OHせねばならないだろうな・・・
パーツは同じNISSINのキャリパーであるNSRの流用でいきます。発注をせねば・・・
以上
次回の投稿は梅雨明けかな

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

ボルボV50 修理 (ベルト鳴きほか・・・)

ちょうど、ボルボV50の半年点検のハガキがディーラーから届いた頃から、冷間でエンジンをかけるとエンジンからベルトが鳴く音がしてたのですよ。 まあ暖まると消えるのですけどね。

ちょうどオイル交換の時期だったしディーラーに持って行ったら、ヘッドカバーから油も滲んでるって・・
油の滲みってオレのボルボはKawasakiか!!!!
全国一千万のKawasakiファンの方々申し訳無い。今のKawasakiはそんなことは無いんでしょうけど オレのイメージです。
 ベルト鳴きのほうはテンショナーに対策部品が出ているそうでそれと交換。ヘットカバーはガスケット交換+液ガス(液体ガスケット)で処置とのこと。
 とりあえず音は出てないけど、しばらく様子を見ようって感じですね。
 でオイル交換はディーラー施工ですから当然純正オイル。 ボルボの純正は0W-30というオイルなんですけど、わたしゃ古い人間でどうもこの0W-30というのがさらさらし過ぎてるような気がしてならんのです。 何となく怖いんですよね。 保証期間が終わったら少し硬くしてやろうかと思って居ます。

41vyrmrosxl

 そんで、ヘッドカバーを開けるので修理は一日では終わないということで代車を借りたのですが、借りたのがSUZUKIのスイフトでした。 

Swift_mmc_2013716

 これがねえ・・・良かったですよ。 ビックリしました。 ミッションがCVTで気持ち悪いのは別にしてシャーシはカッチカッチやでえ って感じで剛性感たっぷり。 サスも良く出来てたなあ。
 エクステリアは嫌いじゃないのであとはちょっとプラスティッキーなインテリアの質感が良くなれば全然有りだな。 良いクルマです。  仕事で時々レンタカーの日産系のマーチとかNOTEとか乗るけどそれらと比べたら断然、上です。
SUZUKIのバイクはともかく、(全国一千万のSUZUKIバイクファンの方々、申し訳無い。バイクも良いのが多いけどデザインが・・・)
クルマはデザインもいいと思うから許して(笑)
ではまた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

博士のエンジン手帖2

寒いなあ バイクに乗る気にならん。

というわけで、休み明け第一週の読書は博士のエンジン手帖2 (モーターファン別冊 MFi叢書) でした。

 昔、モーターファンというクルマ雑誌に兼坂弘先生が連載しておられた「究極のエンジンを求めて」をむさぼるように読んでいた私としては、モーターファンイラストレイテッド(MFi)の連載の「博士のエンジン手帖」も立ち読みベース(だってMFi高いんだもん)で読み続けていたです。 昨年夏にこの連載をまとめた
単行本の「博士のエンジン手帖」の第2弾「博士のエンジン手帖2」が出たのは知っていたのだが、立ち読みして居たことも有りなかなか手を出さなかったのです。
 しかし、正月に本屋に行くとたまたま一冊だけ売れ残りがありつい手に取ったが最後、レジまで行ってしまいました。 立ち読みと違って読み返すことができるのがいいし、時系列で変遷も追いやすいのがいいです。

 この本自体はは少し内燃機関について基礎知識が必要ですので全く興味の無い人にはお奨めしませんけど、基礎知識さえあれば非常に面白い本です。

 バイクのエンジンと違って、クルマのエンジンは高効率化が主眼であり、ハイブリッドとかダウンサイジングとかダウンスピーディング(マツダね)の流れになって来ているのが良く判ります。 (BMWでさえ6気筒を捨てたもんね。)

 興味のある人にはお奨めです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

Volvo V50 エンジン始動不良 その後

さすがに1月! 寒くてバイクに乗るのはもちろん、メンテに手を付ける気も湧かずビューエルちゃんは年末の洗車いらいほったらかしです。
とは言え、春に向けてビューエルのバッテリーは外して、部屋の中で維持充電してます。

Simg_2195_2

ところで、ボルボのその後です。

続きを読む "Volvo V50 エンジン始動不良 その後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

Volvo V50 エンジン始動不良 その2

1月5日 ディーラーへ持ち込み 症状を伝える。 
正味30~40分ぐらいの作業でプラグの清掃とECUのリセットを実施してくれた。
全体として異常は見られないとのこと。

ただサービス担当者はカーボンが溜まり気味だとは話をしてくれました。
 こちらも、あんまりごちゃごちゃと反論はしなかったけど、ここ数ヶ月で高速道路を300km以上走ってるし、土日は走り出すと20~30kmは走るし、時々、6000rpmぐらいまで引っ張ることもあるし、あえて言えば、通勤での片道6kmの往復がカーボンが溜まる要因だろうけど、ちょっと納得いかない感じですね。
 でもディーラーの人に言ってもしゃあないのでとりあえず様子見ということで引き取ってきました。

 で作業の結果はエンジンが暖まっている状態での始動には変化は感じず。 
そして1月6日の朝、完全冷間状態でエンジンを始動してみた。
少し着火が良くなった感じかな。

 他に変化を感じた点として信号待ちで「D」に入れたままでの(エアコンoff)アイドリング振動がこの冬に入ってから気になっていたのですが、それが減ったようです。(昨冬は、そんな振動が気になることは無かったのですけど・・・)

どうも私の根拠レスな感覚では改修以前のECUのプログラムの方が出来が良かった感じがしますね。

このまま問題無ければ、こちらから文句を言う筋合いではないのですが・・・

続きを読む "Volvo V50 エンジン始動不良 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

Volvo V50 エンジン始動不良

12月29日の朝 
 大掃除のため車庫のからクルマを出し、家の前に縦列駐車した。 ちょっとエンジンの掛かりが悪いような気がしたが、特に問題を感じず。
12月29日の夕方
 大掃除も終わり、クルマを車庫に入れ直そうとキーをひねってセルを回すが、エンジンがかからない。しばらくセルを廻し続けたものの、火が入りそうになったのは一度だけで、その後は全くエンジンに火が入る感じがないのだ。 

 バッテリーの負担を考慮して5分ほど置いて再始動を試みしばらくセルを回したが、しまいにはマフラーから生ガス(ガソリン)の臭いがして来るほどになった。 これ以上やってもプラグがかぶってしまうし、もうすでにかぶっているかもしれないので、事態を悪化させないため作業中止。 

 バッテリーとかなら自分でもどうにかできるけど、点火系とか燃料噴射系だとどうしようもないので、ディーラーに電話を入れた。
 しか~~し
ディーラーは年末年始休業だったのだ。
正月にクルマが使えないと非常に困る!

Volvov50


 

続きを読む "Volvo V50 エンジン始動不良"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

VOLVOのエンブレム修理終了

12月15日土曜日 雨の中、ディーラーまでエンブレム交換に行ってきました。
ついでにフロントワイパーも交換して作業時間約40分
ディーラーのサービスマンによると、以前と部品番号か変わっているので対策品に変わってるらしいとのこと。 エンブレム交換部品代も作業費もタダでした。
普通に戻ったボルボ君(雨で汚れてるのは許してね)

Simg_2159

ちなみに交換前

Simg_2150

やっぱり「青」が入っていないと間抜けだな。

続きを読む "VOLVOのエンブレム修理終了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

久しぶりにVOLVO君の話

ご無沙汰してました。 ちょっと出張に行っていたので、更新してませんでした。

そんでもってVOLVO君のフロントグリルをよーーーく見たら・・・・

Simg_2150

なんか違和感ないっすか・・・・?

続きを読む "久しぶりにVOLVO君の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

ボルボV50 もうちょっとで1年 感想

ボルボ君 もう少しで納車後、1年経ちます。簡単に感想などを・・・

1.もっさり
全体的に、もっさりしてますね~~ 買うときから判っちゃいたんですけど
前のプジョー307は1600ccだったけど、感覚的にはキビキビしてましたし、運転してて楽しかった。

2.燃費
約1年の平均で9.4㎞/Lぐらいです。 夏場エアコンONで9.2㎞/L 冬場9.6km/Lぐらいっていうイメージです。

3.ブレーキ
ブレーキを踏んだときの立ち上がりが甘い。

4.サス
うーーん 普通

5.その他
結構、けなしているように感じられるかもしれませんが、嫌いではないんです。 大きな欠点もないのです。 故障もしてないし・・
だから面白くないのかも次はやっぱり、ラテン系に回帰しよう。(って7年後だな)

2012.6.23 追記

DCT(デュアルクラッチトランスミッション)についてコメントいただきました。
この車を買った一つのポイントなのに書いてなかった。

自動ミッションと考えればよく出来てます。 普通に運転する分にはほとんど違和感を感じません。 オートマよりダイレクト感もあります。

しかし
冬の寒い時期 ミッションオイルが冷え切っているとギグシャグ感があります。 1キロも走ればオイルが温まって普通になるのですけどね。
あと
リバースに入れたときとか逆にリバースからドライブに入れたときには、瞬時にギヤが切り替わらず、タイムラグがあります。 一呼吸置けば良いだけですけどその辺が普通のトルコンATと違うと感じるところです。

この辺はトルコンとDCTとかの機構的違いを理解していれば、気にならないのですけどトルコンATしか乗ったことの無い人がいきなり乗ると違和感を感じるかも・・・

総じては、やっぱりDCTのダイレクト感は捨てがたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

ボルボV50 約5000キロ走行

いやあ 全くボルボのことはブログに書いてませんね・・・
だってネタ(トラブルとも言う)が発生するような、嫌になる(楽しいともいう)イベントが全く無いのですよ。

それにしても、最近の輸入車の信頼性は格段に上がってますね。

それが普通だ・・と言われればそうだけど、

お前も機械なんだからよ。(怒) 
ちょっとぐらい壊れてみろよ! この野郎!!!

と変なことを思ってしまうヘンなオレです。

ボルボの5000キロインプレションは、近々書きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧